無料ブログはココログ

2017年11月25日 (土)

ベル↑ギ↓ーに違和感あり

去年、ベルギー、フランス、ドイツ、連続してイスラムテロ事件がありました。
連日にわたって報道されて、その時、おや、と引っ掛かることがありました。
引っ掛かったけど、その場はスルーしていましたが、今でもやっぱり気になるよ。

NHKのニュースでは、ベルギーのアクセントを、ベル↑ギ↓ーと高低を付けています。中高です。
わたしは、↑ベル↓ギーと高低を付けます。頭高です。

NHK式では、関西弁のアクセントのように聞こえます。
オ↑ラン↓ダ、ウク↑ライ↓ナ、スロ↑バキ↓ア、デン↑マー↓ク、ポル↑トガ↓ル
たしかに、こういうアクセントも存在します。

わたしの流れなら、↑トル↓コ、↑ロ↓シア、↑フィン↓ランド、↑カナ↓ダ、↑イン↓ド
このようなアクセントも存在します。

検索で【ベルギー アクセント】これをキーワードで探してみました。
わたしと同じように、ベル↑ギ↓ー に違和感あり、という人が何人かいます。
この問題は、生まれ育ち、皮膚感覚が人それぞれなので、こっち、と決めることは出来ないのでしょうね。

そうだった、そうだった、一番問題にしたいのを忘れるところだった。
ベル↑ギ↓ー、↑ベル↓ギー、ここにはアクセントが二種類存在します。
大概の国名はアクセントが一種類で呼びます。
ベルギーに限っては、アクセントが二種類あって、どっちとも決めかねるのです。
他に、アクセントが二種類ある、国の名前はありますかね。
世界地図を思い浮かべるのですが、他にはないように思うのです。

広島ブログ

2017年11月24日 (金)

さむらい道 下 最上義光 もうひとつの関ケ原

「さむらい道 下 最上義光 もうひとつの関ケ原」高橋義夫 中央公論新社
ローカルな戦は続きます。
上巻での合戦は200人300人の競り合いだったが、何千人単位での戦に変わります。
天童氏との競り合いが多いが、ごめん、地理関係が判らない、天童とはどこにあるのやら。
米沢は伊達の主力の城で、伊達は仙台と思っていたが、豊臣末期に仙台に国替えされたのだ。
ということで、伊達との小戦は続く。
お話しが急遽展開するのは、豊臣秀吉が惣無事令を発して、時世が変わってきたこと。
豊臣の城に伺候しなきゃならなくなり、秀吉が死亡する。
徳川家康になびいて、隣接する上杉の侵攻を防ぐ。
このあたりになると、時代の趨勢とマッチしています。

読書メーター

広島ブログ

2017年11月23日 (木)

さむらい道 上 - 最上義光 表の合戦・奥の合戦

「さむらい道 上 - 最上義光 表の合戦・奥の合戦」高橋義夫 中央公論新社
山形の戦国時代です。
最上義光は父に嫌われて、弟に代わって廃嫡され、人質に出された。
巻の半ばあたりで、義光は人質から脱して、父を城から追い出した。
出羽の勢力を分ける天童と相対することになる。
合戦の単位が小さいのです。
百人、二百人の戦闘で、東海近畿の合戦を読みなれているので、えらくスケールが小さく感じる。
義光は、巻始めの頃16歳、巻末の頃は38歳、巻末の時代は織田信長が本能寺の変で亡くなった頃です。

読書メーター

広島ブログ

2017年11月22日 (水)

近郷近在、布野の高山2、またも登れなかった

崖崩れだ。斜面が崩落して道を塞いでいる。こういうことがあるのだよねぇ。建設する片方で崩落して修繕していかなきゃらない。
ここは土砂を乗り越えて進まなきゃならない。地籍調査の測量のひとも土砂のデブリを乗り越えて進んで行っているよ。
アズマヤがある。横谷生活環境保全林整備事業の看板があって、その一環でアズマヤを建てたものらしい。
看板によると、ふるさと林道横谷高暮線は高野町に抜けるものだそうな。高暮ダムは庄原市高野町にあるのだから、まず、君田町の神野瀬川近くまで抜けなきゃならないよなぁ。
道の傍を見ると、笹の葉に雪が積もっている。下のつりぼりの近辺では小雨だったのですよ。登るにつれて雨は雪に変わり、道には積もってはいないが、笹の葉の上には雪が積もっている。
道にバリケードがある。このふるさと林道は中間に崖崩れがあって通行できない。下にバリケードあり、上のここにバリケードがあって、その間を封鎖しているのだよ。
坂道を登り切って、この辺が今日の最高地点だな。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分を抜書きしたものです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/taka_ym_huno2.html

広島ブログ

2017年11月21日 (火)

クレカに違和感があります

クレカと呼んでいますが、クレジットカードのことです。
テレカ、スイカ、イコカ
これらは全部、プリペイドカードです
クレジットカードは、付け払い、あと払いです

同じ仲間じゃないと思うので
クレジットカードをクレカと呼ぶのは間違いだと思うのですがね

そういうことじゃないのだよ
乗りと勢いなんだよ、流れが動き始めると止めようがないのだよ
だれかお先走りがいて、そう呼んだ、それにみんなが追随したら
それで決まりなんですよ

一時の流行りということもあります
数年経つと、消えてしまう言葉もたくさんあります
果たして、定着するかどうか、観察していましょう

広島ブログ

2017年11月20日 (月)

中国のシェア自転車

中国ではシェア自転車が大流行していますが
日本で導入できるか、それは無理でしょう

シェア自転車とは何か
第一の定義、スマホで決済する貸自転車のことです
コインを使わず、ネット決済することを誇っていますが
偽造紙幣、損傷したコインがはびこっている中国のことですもの、誇る対象が違っているような
コインが当てにならないから、ネット決済が歓迎されたのでしょう

第二の定義、自由にピックアップ出来て、自由にどこにでも乗り捨て出来るシステム
日本では、現在でも放置自転車が大問題になっています
公道を私企業が占有するのは、中国ではOKでも、日本では許されません
シェア自転車業者が駐輪できるスペースをどこかに借りて営業する、これでは採算割れです
そもそも、大都市にそんな空閑地は存在しません

こんな優れたシステムを何故日本は取り入れないのかと、中国では声高に言い立てていますが
商慣習、法律が違うのですもの、そこは国情が違うのですよ、常識が違うのです

広島ブログ

2017年11月19日 (日)

神門光太郎ですよぉ

NHKラジオで、午後ラジ!という番組があります。
その中で、途中に挟まれるニュースの時間が明けると
[NHKアナウンサーの神門光太郎(かんどこうたろう)ですよぉ]
[アシスタントの誰たらかれたらですよぉ]
そんな導入でコーナーが始まります。

この、ですよぉ、どうも違和感いっぱいなんですよ。
いえね、いかにも出し抜けなんですよ。
いきなり最初っから、ですよぉ、はおかしいんじゃないの。

場の空気が和んでないのに、いきなり、はしゃぎ立ててもねぇ。
ま、バラエティ番組なので、個性を出す、ということでもあるんでしょうがね。
最初に出会った時は、違和感丸出しでしたが、慣れてくると馴染んでしまうもんですね。
今ではごくごく普通に、よくあることだ、と感じるようになってしまいました。

広島ブログ

2017年11月18日 (土)

Firefox がアップデートして、その結果

このたび、Firefox がアップデートしました。
いささか迷惑な事態が起きました。

インポートしていた、Microsoft Edge からのお気に入りが消滅しています。
あらためて、インポートしようとしましたが
Microsoft Edge からはインポートできません。
Google Chrome からインポートすればうまくインポートできます。
もともと、Google Chrome のブックマークは、Microsoft Edge のお気に入りからインポートしたものです。
第三国貿易でインポートすれば出来てしまう、ということで、意地悪したのに、尻抜けの格好になっています。

今までは、Firefox 45.0.1 でした、それが
Firefox Quantum 57.6(64ビット)にアップデートされました。
とまぁ、本日アップデートがあって、おいおい、困ったぞ、対処方法の第一報です。

人それぞれで、環境が違えば、こんな事態は起きないかもしれません。
わたしの場合は、こんな方法で切り抜けました、ということで、一筆言上参らせ候。

広島ブログ

2017年11月17日 (金)

茉莉花茶、再掲

茉莉花茶と書いて、マツリカちゃ、と読みます。
ジャスミン茶の意味です。
決して、マリハナちゃ、とは読まないように。
でも、ご時世ですからね、つい、マリハナちゃと読んでしまいますよね。

これ、前にネタにしました。
2008年3月 8日に、「ジャスミン茶≠マリファナ茶」、このタイトルで掲載していましたが
あれからずっと、今でもちょいちょい、訪問があります。
こりゃあ、もう一度、掲示する値打ちがあるのかも!(^^)!

広島ブログ

2017年11月16日 (木)

原子力空母ニミッツ

原子力空母ニミッツが北朝鮮近海を遊弋している、というニュースなんですがね。
ニミッツ、Nimitz なんですねぇ。

覚え間違いだと知りました。
今までは、ミニッツだとばっかり思っていました。
minutes だと思うじゃありませんか、時分秒の分ね。

へぇぇ、そうなのかい、と知りました。
別に、目からウロコ、とまでのことじゃない
単に、上書き保存しました。

広島ブログ

«江の川水系、馬洗川支流、本村川に沿って往復(自転車篇)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30