無料ブログはココログ

2018年7月20日 (金)

やっと電波時計がシンクロしました

我が家に、電波時計が三つあります。
腕時計が1個、卓上の置時計が2個
PCも電波時計と見做すなら、さらに2個。
ひとつの時計が約2分、遅れて時刻をしめします。これは10年来遅れたままです。
その時計がなんと、他の電波時計と同じ時刻を示すようになりました。
年月日時分秒までシンクロしています。
あまりの変化に驚いています。
たぶん、机から転げ落ちたとき、どこかのボタンを打ったのだろうと思います。

もうひとつの卓上の置時計ですが、電池を交換しました。
電池を交換すると、正しい時刻を示すまで、何日かかることやら。
過去の経験では、諦めて放っといて一週間、いつの間にか正しい表示になっていました。
年月日時分秒、今は全部狂っています。
表示で信じられるのは、温度、湿度だけです。
電波を受信するのですが、いつアジャストするのか、これは完全に時計任せです。
いつまでも時計任せでは、正常になるのはいつなのか、全然わかりません。

堪りかねて、窓際に置きました。そしたらすぐに受信が完了しました。
今までは電波の流れが微弱だったのだ。
窓際なら濃密な電波が流れているのだ。
現在は、年月日時分秒、正常な値を示しています。

広島ブログ

2018年7月19日 (木)

NHKアナウンサー酒匂飛翔

NHKニュース[おはよう日本]でスポーツを担当しているアナウンサーの酒匂飛翔のことですが
さこうあすか、と読むのだそうです。
神奈川県の酒匂川は、さかわがわ、と読み、さかわ、さこう、音便変化するのはよくあることです。
飛翔を、あすか、と読むとは想像も出来なかった。
検索で調べて、へぇぇ、と驚きました。
-----
酒匂、半端ないってもぅ!

飛翔、ほんまに半端ないって!

飛とか翔とかめっちゃ書いてあるもん!

あんなん[ひしょう]とか読むやん普通!!

そんなん読む?

言っといてや…[あすか]と読むんやったら…

(大迫半端ない、の流行語に便乗しました)
------

広島ブログ

2018年7月18日 (水)

赤羽橋駅

赤羽橋駅と聞くと、京浜東北線の赤羽駅を真っ先に思い浮かべます。
違った。
港区で、都営大江戸線で、麻生十番駅と大門駅の間にある駅なのだそうです。
もう何十年も東京には行っていない。
赤羽橋駅と赤羽駅とは、似ていても、立地条件は大違いなのを知りました。

広島ブログ

2018年7月17日 (火)

この閲覧履歴、消えてしまわないものかね

人気ブログランキング、にほんブログ村、広島ブログなど、いろんなブログ集があります。
その中で、今まで読んでいたものが、どうも肌合いが違うな、もう読むのをやめよう。
そういうものがあります。
閲覧履歴で、黒く浮かび上がっているので、ついつい無意識にクリックしてしまう。
そうしたくない、そこだけの閲覧履歴を消す方法は何かないものでしょうか。

ありますよ、全部の閲覧履歴を消してしまえばええ。
いや、それは困る。一つか二つの閲覧履歴を消したいのですよ。
それは無理なんじゃないの、全部消して、改めてひとつづつ拾い上げるしかないのじゃないの。
もう巡回する気にならないブログの名前をメモしておきます。
覚えのあるブログだけ拾い上げればよろしい。
メモにあるブログだけクリックしなきゃよろしい。

広島ブログ

2018年7月16日 (月)

自転車のサドルに腰かけているのに

自転車のサドルに腰かけています。
くたびれてくると
サドルから下りて、どこかに腰かけて休みたくなります。

サドルに座っているのと、自転車から下りて腰を下ろして休むのと、どこが違うか。
サドルに座っているのは全然休みになっていないということなんでしょうね。

座ってスポーツする類似のものに、ボート、カヤック
水に浮かぶものは降りて休憩するわけにはいかない。
ただし、自転車は停まれば降りるしかないが、ボート、カヤックは浮かんだまま休憩できる。

とまぁ、こんなことを取り止めもなく考えています。

広島ブログ

2018年7月15日 (日)

荒神

「荒神」宮部みゆき 朝日新聞出版
「三島屋変調百物語」の「おそろし」「あんじゅう」などの幽霊・お化けのお話しかと思って取り付いたが
怪物のお話しだった。
永津野藩、香山藩の間に確執があって、藩の境に大平良山がある。
そこに怪物が現れる。
両藩の人物が大勢出て来るが、巻頭に主な登場人物表がある、それに頼らずとも、これは誰、と判定できる。
キーは、怪物が誕生したいきさつで、人間の悪意・妬みなどが元になっている。
お化けの話は怖いが、怪物のお話しは怖くないです。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月14日 (土)

変幻

「変幻」今野敏 講談社
潜伏捜査がテーマです。
もちろん、潜伏捜査は禁じられていますが、密かに実行されています。
半グレが殺されました。捜査一課は所轄と捜査に当たります。
捜査一課と所轄のさや当てがひとつの柱、これは読んでいて面白い。
同期の女性警官が監視カメラに写っているのを見つけます。
このままでは、潜伏捜査中に犯罪に加担したとみなされます。
もう一人の同期に助けを求めます。
表向きは懲戒解雇ということで、公安の手助けをしているらしい。
犯人検挙と同期の救出が結びついています。
同期の二人が同期の窮地を救う、という麗しいお話しです。

読書メーター

広島ブログ

2018年7月13日 (金)

こういうパンクもあります

自転車がパンクしていました。
使おうとしたら、タイヤがぺっちゃんこでした。
チューブを換えて修理完了しました。
パンクしたチューブを水に漬けてパンク穴を探しましたが
パンクしている形跡がない。
たぶん、バルブをしっかり閉めてなかったのだろう。
ポンプで空気を詰めたとき、バルブを締めてなかったのだろうなぁ。

あったりまえじゃん、基本の基じゃないか、あんた、何を寝ぼけたことを言っているの。

そう、そうなんですがね
水に漬けて空気漏れを探して、どこにも空気漏れがないとわかった、その時
その肩透かし感、脱力感は、わかってもらえますかね。

----共感してはもらえないか、はい、まぁ、こんな間抜けなこともあるんですよ。

広島ブログ

2018年7月12日 (木)

けんもほろろ

つっけんどん、けんつくをくわす、と同じ意味ですが
どうして、これが無愛想・不機嫌の言い回しなんでしょうね。

世渡りであちこち痛い目にあった結果、学習するのですが
けんもほろろ、とはなんのこっちゃい?
つっけんどん、とはどういうこと?
けんつく、とはなあに?
そもそも、けん、てなんでしょうね?

少年よ、世の中には学ばなきゃならないことがいっぱいあるのだよ。
知らないで済ませようとしても、それじゃ通らないことがいっぱいあるのだよ。

広島ブログ

2018年7月11日 (水)

三次市三和町、大力谷を行くも、山抜けで通行止め(自転車篇)

起点から広域基幹林道をだいぶ進んできた。
山腹を切り裂いて、土留めに蛇篭を設置してある。蛇篭に覆われていないところでは山抜けを起こしている。大したことない、小規模なもんだよ。
あらま、激しい山抜けを起こしている。倒木と大量の土砂で道は完全に塞がれている。
わたしだけなら樹の間をすり抜けて前に進むこともできるが、自転車を担いでここを抜けるのは不可能なことだ。
ここから先には進めない。しゃぁない、引き返すことにしよう。
大水害が起きたのに、自転車で巡ってみようなんて、バチアタリなことだったのかなぁ。まぁ、それはそれ、自粛してばかりいては息苦しいものね。それぞれが自由に振る舞ってええのだと思うよ。
さぁ、帰ろうか。
今度は下りばっかり。大力谷の出会う人毎に、山抜けでこの先は塞がっていますよ、行き止まりですよ、と教えてあげる。大きなお世話のようだが、何かの足しになればええのだと思うからね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

広島ブログ

«グルジアがジョージアに

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31