無料ブログはココログ

2021年9月24日 (金)

三次の神社、川西、田幸、和田小学校学区(自転車篇)

美波羅川を離れて坂道を登る。峠の名前が才の峠、峠には賽の神がいるのだろうね。
塩町駅前に下りて、大通りを右に行ったり左に行ったり、あった、これがそうじゃないか、塩町恵比寿神社。神社の向かいの家に背中合わせで写真を撮っていると、犬が吠える。
犬が吠えると、家の人が出てきて、恵比寿の由来を語ってくれる。塩町は志幸の一部なのだがね、志幸の人が塩町で物を買わなくなった、隣の三良坂から卸してもらうようになった。
怒って、恵比寿神社を独立させたのだそうな。
恵比寿神社を志幸から塩町に動かした、どうだろうなぁ、建築費用からして現実的じゃない。氏子から志幸の氏子を排除した、これならあるかもしれない。
語ってくれたのはおばちゃん、おばちゃんのお父さんの時代のことなのだそうな。となると、戦後から高度成長期の時代だろうなぁ。塩町の最盛期の頃のお話しなんだろうなぁ。
どうだろう、この話の真意は、塩町は志幸から独立した、こういうことじゃなかろうか。
馬洗川を渡って和田に入る。田幸について語っておこう。大田幸、小田幸の旧村があり、近隣の村々と合併するのに、最大勢力なので田幸村と名乗るのに遠慮がなかったということだろうね。
和田地区は三次市合併前の旧村名は和田村、和知村と向江田村が合併して、一文字づつ取って和田村になったのだ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分を抜き書きしたもの、全体の姿は下のリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210921-kawnx_tako_wada/bike-210921-kawnx_tako_wada.html

広島ブログ

2021年9月23日 (木)

前のページ 後のページ

ブログ記事で、昨日のページに行こうとして迷うのですがね
前のページ 後のページ
どっちが昨日のページで、どっちが明日のページか、迷うのです


これからのページ、これまでのページ、こう表示してもらえないかな
未来のページ、過去のページ、でもよろしい


前、後ろは、平面上なら間違うことはありません
時間軸を境に、前、後ろとやると、解釈に混乱が起きます



広島ブログ

2021年9月22日 (水)

ご理解お願いします

これ、丁寧語のような、突き放した言い方のような
状況によって違います
一生懸命クレームに対応している途中なら、丁寧の極みです
なんぼ説明しても聞き入れてくれない場合、打ち切り宣言になります

途中は、ご理解お願いします、分かってくださいよ、情に訴え理を説きます
最後は、ご理解お願いします、本音は、もう理解してくれなくてもええわい

広島ブログ

 

2021年9月21日 (火)

自転車の空気入れを買いました

今までは
A、Birzman
B、Bridgestone の空気入れを使っていました
Aは、口先が内筒外筒の二重構造で、外側の筒を引き下ろして、筒を回して固定する
Bは、バルブをくわえ込んで、梃子を引き上げて固定する、こういうやり方でした

Aは、空気圧が増すと、プッとバルブを吐き出してしまう、固定が効きにくい
Bは、空気漏れが酷くて、圧力が上がらない

これでは役に立たないので、いえいえ、腹が立つので
C、Panaraser ワンタッチポンプを買いました
緑の口金をバルブに押し込むと固定する、外すときは反対側のグレイの口金を押すと外れる
ワンタッチの口金が往復運動して挟み込む方式です

Cを使ってみれば、A、Bの欠点は解消して、問題なく目的の空気圧まで押し続けられます

重量(我が家の秤で)
A、1180g
B、1180g 
C、 720g
背中のザックに空気入れを括りつけていますが、約500グラムも軽いので嬉しい
Cには、アルミ製・樹脂製と2種類ありますが、軽さ優先で樹脂製にしました

圧力の単位
A、PSI Bar
B、PSI Bar 
C、Kpa Bar
今までPSIに慣れています、100psi=7Bar これが基準
今度は、Kpa _これが基準 700Kpa=7Bar 
レッドゾーンが示してあるので、大丈夫、入れすぎることは避けられます

psi とは、ポンド毎平方インチ (pound per square inch) 略称で psi、ヤードポンド法です
kpa とは、キロパスカル メートル法に則っています
自転車のタイヤは上限圧力を psi で表示しています、業界の慣習が古いから

広島ブログ

 

2021年9月20日 (月)

われ じぶん

われ、これが曲者、じぶんだったり、あいてだったり
大坂人の言う、じぶん
これは大部分があいて
大阪以外では、じぶんとはじぶん、わたしのことですよね

大坂では、じぶんとは二人称で、世間とは大違いだと思っていましたが
われ、江戸時代では、一人称だったり、二人称だったり
先例があるんだ
[われ]の使い方が[じぶん]に反映されているんですね、なるほど

広島ブログ

2021年9月19日 (日)

茹で玉子

茹で玉子、ゆでたまご、と読みます
玉子とあるから、類推して、ゆで、と読めるのです
ゆでる、を漢字で書いてみなさい、書けません
湯でる、ではないよ

茹でると、煮るとは、また違うんだよなぁ
どう違うの
塩・醤油・味噌など調味料を入れれば煮る、何もなしなら茹でる

半熟玉子は茹で玉子のカテゴリーに入るのか、うぅん、ごめん、プロに聞いて

広島ブログ

2021年9月18日 (土)

知るも知らぬも逢坂の関

これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢坂の関

これやこの行って帰ってまた行って 知るか知らぬか大阪の関

おいおい、迷子かい、どこへ行きたいのかい、場所ちゃんと分かってるのかい

広島ブログ

 

2021年9月17日 (金)

「違和感」の日本史

「違和感」の日本史 本郷和人 産経セレクト
第1章、江戸時代に鎖国はなかったのか
第2章、2代将軍が天皇に激怒の「違和感」
第3章、信長の「天下」とは京都周辺だけか
第4章、なぜ西郷(せご)どんは大隈重信を嫌うのか
第5章、「男と女」の立ち位置の行方
第6章、天皇をめぐる歴史の謎
第7章、夏目漱石のワケありな門人たち
第8章、人物を語らない歴史研究でいいのか
産経新聞連載中の「本郷和人の日本史ナナメ読み」から出来ています。
月一連載なのですが、毎回楽しみに読んでいます。
新聞連載が成り立ちですから、四面四角なことを書いても読んでもらえない。
かなりクダケタ筆致で書いています。
なんで夏目漱石の門下生に注目したのか。
東大の資料編纂所、ここの設立者に門下生がいたのですね。そうか、職場の回顧談なんですね。
東大の資料編纂所では、山本博文さんが有名だが、二人が同時にテレビで同席することがない。
気が付くと、山本さんは今年三月亡くなっていた。
もう同席することは果たせないのだ。

読書メーター

広島ブログ

2021年9月16日 (木)

事案 案件 事件

事件の意味は見ての通り
表ざたになった犯罪です

事案と案件の区別が分からない
ウィキペディア的には区別がつくかも
だけど、いまいち使い分けに合点がいかない

高度成長期以前は案件だった
高度成長期以後は事案と呼ぶようになった
しぇるぱ的な解釈ではこうです

試してはいませんが
松本清張の小説を読むと、答えがあるんじゃありませんか
彼の作品なら、経済界も舞台にしている、お役所も舞台にしている
松本清張は高度成長期以前でしたからね、その時代を反映しているはずです

なんで案件が事案に変わったの
変わったのだから、しゃぁあんめぇ
周りがそうするから、流れに乗っているんですよ

広島ブログ

 

2021年9月15日 (水)

三次の神社、作木の迦具神社、本社も分祠も全部(自転車篇)

向うの山裾に鳥居が見える。あそこが大山の迦具神社なのだな。ほぼ位置関係が見えてきたぞ。
大山集落の中央らしきところから県道436号線に沿って進んでみるか。
この県道436号線は盲腸のような路線で、香淀から始まって、大山のここを通って、大山地区の東地集落で突然終点になる。
県道は終点でも、道はさらに続いているのだよ。それでいて、県道の延長計画はないみたい。
そこは「旧三次西小学校校区の裏山の山道」で県道の末端を通ったことがある。
いえね、住居表示で大山という区域は広いのだなぁ、と感心しているんですよ。
GPSにウェイポイントを作ったおいたのだが、ポイントは道の下にある。森の下にあるのだ。これは間違えた、進む方向を間違えた。
引き返して、墓地が見える分岐から行くべきなのだろうな。進んでみると、どんぴしゃり、大山の迦具神社の前に出た。鳥居には迦具神社と扁額にある。
さすがにここの迦具神社では、神楽殿・拝殿・本殿の様式は維持できていないようだよ。
ローカルな神に迦具神社がある。近隣に迦具神社が分祠を建てている。今のところ、分祠をふたつ見つけたが、他にももっとあるのかもしれない。
地頭、庄屋が強くて広めたからかもしれない。川の船頭が威勢がよかったからかもしれない。川の船頭から分限者・長者に成り上がったのもいるだろうね。ローカルな事情があるのでしょうね。
迦具神社信仰はともかくも、神楽を楽しみたいという欲求のほうが強かったのかもしれない。
大山集落の分岐まで帰ってきた。直進すれば香淀へ、左折すれば唐香へ、ここは左折して唐香へ向かう。
峠に出た。ここを越えると真っ逆さまに下り坂、ブレーキを握り締めてスピードを殺して下りていく。この区間の勾配は9%、ここを登りに使うと、延々と押して歩かなきゃならんな。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。これは一部分の抜き書きです。
全体の姿はしたのリンクからお出でください。

http://sherpaland.net/bike/2021/bike-210912-sakugi-kagujinja/bike-210912-sakugi-kagujinja.html

広島ブログ

«暮鐘 東京湾臨海署安積班

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30