無料ブログはココログ

2017年9月21日 (木)

塩しょうしょうと塩ひとつまみ

ラジオで聞いたことなんですがね
塩しょうしょうは、親指と人差し指でつまんだ塩の量
塩ひとつまみとは、親指と人差し指と中指でつまんだ塩の量

他に、塩ひとつかみと塩ひとにぎりと塩ひとすくいがあります
そう、あなたが頭に浮かべたように、つかんで、にぎって、すくえばよろしい

広島ブログ

2017年9月20日 (水)

前のめり

前のめりを解釈すると

ブレーキを踏んだ場合などに、前に倒れ込むこと
前向き
とにかく急いで決断すること

前のめりについては、かなり揶揄が入っています
褒めているんだか、貶しているんだか、揺れていますよねぇ

評価はともかくも、前のめりとは言葉として完成しています
その反対語の、うしろのめり、まだ言葉としては未成熟です

のけぞる
後ろ向き
決断が遅い

どうも、前のめりの反対語にはええイメージがありません
事象は認識しても、言葉にまとめる段階まで来ていませんね

広島ブログ

2017年9月19日 (火)

民進党はこうしたらええ

民進党が内部統一に悩んでいるそうですが
右派民進党、左派民進党に再編分裂したらええ

再編分裂しても別れずに、今の建物に同居していればええ
政策ごとに、明日は右派民進党、明後日は左派民進党、それぞれの部屋に集まればええ
党議党則で縛らずに、議員個人が自由に振る舞えばええ

なんなら、選挙は統一民進党で戦えばええ、もちろん、別々に戦ってもええ
選挙後は別れて、居心地のええところにいればええ

これでどう

広島ブログ

2017年9月18日 (月)

サーベル警視庁

「サーベル警視庁」今野敏 角川春樹事務所
日露戦争当時の警視庁です。
人が殺されていました。殺されたのは帝大文科大学の教員のようです。
さらに、陸軍の高級士官も殺された。
また殺しがあって、富山の薬売りが殺された。
警視庁の上司・同僚・下僚、大勢出てくるが、口調・話し方で誰がしゃべっているか判る。
うまいこと書き分けています。
黒猫先生という名で夏目漱石がでてきたり、新選組隊長の斎藤一、元老の山縣有朋も出て来る。
明治の当時は、警察は内務省に管轄され、内務省は元老の山縣有朋の影響下にあり、山縣は軍隊にも影響を及ぼしていました。
そういう背景にこの小説はあります。

読書メーター

広島ブログ

2017年9月17日 (日)

記録的短時間大雨情報

気象情報が発せられるたびに突っ込むのですが
短時間なことが記録的なのかい
大雨なことが記録的なのかい
短時間であり大雨であることが記録的なのかい

もちろん、真意は伝わっていますよ
伝え方にスキがあるので、突っ込んでいます

広島ブログ

2017年9月16日 (土)

刑罰0号

「刑罰0号」西條奈加 徳間書店
マッドサイエンティストのお話しです。
夢をコントロールできる、これがお話しの発端です。
たいてい、小説は同化作用を与えるものですが、これは違う。
ものすごい異化作用を与えます。
連作の小説ですが、最初の篇がすごい。
犯罪の陰に原爆の被爆二世三世が出てきます。
被爆者のじいちゃんよ、いつまで被爆を売り物しているんじゃ、うざいし聞き飽きた。
それで犯罪に走ります。広島人ならこういう設定はありゃぁせんじゃろぅ。
犯罪者に罰を与えるのに、脳に電極からデータを送り込みます。
被害者の感情を電極を通して、脳に記憶を埋め込むのだから衝撃です。
アンチ反核運動の最初の伏線は見事に回収されます。
そのための伏線だったのかい。
マッドサイエンティストは狂っていたんじゃなかった。
読んでいて、異化、異化、最後に同化。違和感からやっと解放された。

読書メーター

広島ブログ

2017年9月15日 (金)

宍道湖の南岸、出雲縁結び空港から松江往復(自転車篇)

宍道湖を眺めながら自転車を漕ぐのだが、松江市街地が近付いてきた。遠くに見えていたものが段々と近づいてくる。ええもんだよ。
国道9号線は山陰道の高速道路に乗り込んで行く。立体交差になっているのですよ。自転車はどこを行けばええのか、探りながら進めて行く。ポンと湖岸に出たから正しい道を進んできたのだ。
湖岸に沿って進んで行く。嫁ヶ島の前まで来て、ここが松江の夕陽ポイント、夕陽ではないが、記念写真を撮っておく。
エレベーターがある。地下通路があって、エレベーターで結んでいるのだそうな。
袖師地蔵がある。この浜を袖師ヶ浜というのだそうな。袖師地蔵の故事来歴の看板があって、へぇ、そうなの。
湖岸沿いに道がある。歩道だが、自転車も通れる道で、県立美術館の裏側を通り抜けて行く。
白潟公園を通っている。平らな石で葺いてあるのだが、歩くには快適でしょう、自転車にはデコボコデコボコで不向きだねぇ。もともと、自転車が通るのは想定外のことかもしれないね。
宍道湖大橋を渡る。
宍道湖大橋から眺めると、嫁ヶ島が細長く見えている。袖師ヶ浦から見ると点に見えるが、横から見ると線のように見えるのだ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクから見てください。

http://sherpaland.net/bike/2017/bike-170913-shinjiko_nangan/bike-170913-shinjiko_nangan.html

広島ブログ

2017年9月14日 (木)

シェアの第一の意味

数年前までは、シェアの第一の意味は、占拠率でした
トヨタの業界シェアは何%

最近では、第一の意味が変わってしまったようです
シェハウス、シェア自転車
このように、分かち合う、持ち合う、こんな意味が台頭してきました

この先、また違ってくるかも、ですがね

広島ブログ

2017年9月13日 (水)

九州の面積に匹敵する土地の持ち主が判らない

九州の面積に匹敵する土地の持ち主が判らない、というニュースを読みました。
http://www.asahi.com/articles/ASK6R3VX0K6RUUPI002.html
わたしのところにもそれがあります。

山林の一筆を祖父から父に相続する時、手続きをミスしていました。
父からわたしに相続しましたが、その山林一筆は当然相続できていません。
その山林の名義は祖父のままです。

ところが
よく出来ています、その土地の固定資産税はわたしに課税されます。
名寄せするから課税漏れはありません。
固定資産税の明細を見て、あれれ、祖父名前の山林なのに、わたしに課税されている。
そこで、やっと相続未完成を発見しました。

今、相続すればええじゃん。

それがね、土地台帳を見ても、山林のどこを指しているのか判らない。
土地台帳は明治の時代のものです。
江戸時代以前からの記録を引き継いだものです。
誰と隣接しているかもわからない、実にええかげんな土地台帳なのです。
どこの山林と確定しなきゃ相続の段取りに至らないわけです。

相続するなら、祖父から父、父からわたしへの親族関係、全部了解を取るのはオオゴトです。
ハンコを貰うべき子孫がどこに住んでいるかも判らない、手のつけようがありません。
この先、例えば、山を開発してゴルフ場にする事態が起きるとは思えないし、もう、このままでええか。

九州の面積に匹敵する、誰の土地か判らない土地、そのほんの一部分はわたしも加担しています。

広島ブログ

2017年9月12日 (火)

竹原の忠海、歓喜山に登る2

送電線の鉄塔に到着した。
黒滝山が見えている。目を移すと、忠海の市街地が見えている。
道のまんなかに雨水の水たまりがあって、イノシシなどの湯治場になっている。ダニを振り落とすので、近づくとダニが寄って来るんじゃないか、そんなことはないけどね。
登って行くと、分岐に差し掛かる。直登の道は歓喜山へ、山腹を渡る道は平家山へ、木肌に案内が小さく貼り付けてある。
このあたり一帯の烏帽子形山から白滝山にかけての山域で新しい道を開発している、吉川和博という方です。広島空港大橋の北側の西山近辺でも吉川和博さんの道しるべは見かけました。
この先、直進して登る道と山腹を行く道に分かれている。ゆっくり道を行ってもええが、ヤブがなく開けた斜面なので直登の道を登ろうか。
ここが歓喜山の頂上、頂上には三角点があって、標石にはチップが埋め込まれている。
山標名が括り付けてあるが、ひとつは字がはっきりしてなくて、標高が263ではなく203に読めてしまう。小さい案内だが、標高262.7mのほうを写真に撮る。
ここで弁当、エデンの海を歩き始めたのが10時過ぎなんですよ。ちょっとスタートが遅かった。
平家山に向かうかどうするか、考えてみるが、家に帰り着くのに日が暮れてしまうな。日が長くなる四月五月に再トライすることにしよう。今日はここまで、来た道を引き返そう。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/kangiym2.html

広島ブログ

«台湾、太魯閣(タロコ)渓谷で落石

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30