無料ブログはココログ

2018年12月16日 (日)

とされています

何々とされています、世間話でこんなことを口にすることがあります。
この場合、根拠は突き詰めないでください。
定説になっています。
この場合も原典は問わないでください。
空気をぶち壊します。
これらのフレーズは、ただ、乗りと勢いで言っているだけですから。
とされています、定説になっています、これらは、そうか、そうか、と聞き流してやってください。
会社幹部の会議や役所の委員会での会合の場なら、異を唱えても構いません。
それを普段の会話に持ち込んでは嫌われます。

広島ブログ

2018年12月15日 (土)

読売新聞が値上げするということですが

読売新聞が値上げするそうです。
丸を買う資金にするためでしょうか。

広島ブログ

2018年12月14日 (金)

鳥類学者の目のツケドコロ

「鳥類学者の目のツケドコロ」松原始 ベレ出版
「カラスの教科書」で軽妙な筆致で面白かったので、期待して読みました。
期待通り、満足です。
カラスに限らず、スズメ、ツバメ、サギ類、カモ類、その他いろいろです。
チョウゲンボウとハヤブサ、どっちも見たことがないので、伝わりにくい。
ウグイスの雄はひたすら鳴き声の稽古を積んで、雌はそれにうっとり。
イラストが浅野文彦、絵本の大家のようで、細密画も戯画も面白い。

読書メーター

広島ブログ

2018年12月13日 (木)

世羅高原ふれあいロード(世羅広域農道)、2回目(自転車篇)

もう昼食の時間だなぁ。走り出す前に、最初に決めていたんですよ。昼食を食べたところで引き返す。どこか適当な場所は、と。
ここにしよう、道端の藤棚の下、ここなら問題なし。
車の通りはほとんどなくて、道端で弁当を食べていても違和感なし。食べ終わったぞ。引き返そう。
ここまで来るのに登り下りの坂道で喘いだが、帰りも同じ。自転車を下りて押して歩くほどの坂道じゃない。それでも、坂道の途中で自転車から下りて息を整えなきゃとても持たない。
同じ道を往復すると、行きに楽したぶんだけ帰りにしっぺ返しがあるね。
再び黒川明神山が見えてくる。連続する明神山三山が世羅の風景だし、高山、早山ヶ城、新山、これも世羅の特徴なんだよね。
突き当りが世羅広域農道の起点・終点、地図の上にグイと一本線を引いたような道で、広域農道はこう造るのだよと見本のような道づくりなんだよね。
県道へ合流する。世羅町の領域には歩道がある。三次市との境界から歩道はなくなってしまう。同じ県道でもこの落差はなんだろね。
朝に車を置いてきた駐車場所まで帰って来た。
同じ世羅広域農道を走っても、前回は走り始めが10時過ぎ、今回の走り始めが9時半ごろ、前回は終点まで行ったのに、今回は途中で打ち切って引き返した。
どこが違うかと言うと、その間に9年の歳月があるのだよ。自転車の性能が上がったのでアドバンテージがあると思ったが、加齢のハンデキャップのほうが大きかった。
坂道のアップダウンが連続すると、やっぱり楽ではないね。ここで過去の自分との差が出たのだ。次は、川沿いの道のような平坦な道で過去の自分と勝負してみたいもんだよね。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは最後の部分の抜書きです。全体の姿は、下のリンクからお出で下さい。

広島ブログ

2018年12月12日 (水)

お食い初め

おくいぞめ、と読むのだそうです。
わたしのところでは、こんな行事はやったことがなかった。
上流階級では、このようなイベントが行われるのだそうです。

それにしても
お作法にうるさい、やんごとない方々の口に出る言葉が
おくいぞめ、なんかガサツで下賤な物言いじゃありませんか。
下品な言葉にはパワーがあるせいかしらね。

最近、「上流階級」という本を読みました。
そこでは、芦屋の上流家庭で「お食い初め」に大満足と書いてありました。
ということで、お食い初めに目が留まりました。

広島ブログ

2018年12月11日 (火)

きれい、綺麗は日本語表現

綺麗を中国語で何と言うか、検索してみました。
-----
「美しい・きれい」を意味する中国語 “漂亮”
見た目がきれい」という意味の中国語 “好看”
自然などに対する中国語の「きれい・美しい」 “美丽”
清潔を意味する中国語の「きれい」 “干净”
-----
中国では、綺麗とは表現しないようです。
日本国内だけで通用する漢字熟語のようです。

おいおい、そうなのかよ。
いかにも中国語的な言い回しなのに、中国ではそうは言わないとは。
明治漢語ではないよねぇ。
清少納言あたりが使っていそうなフレーズなんだがなぁ。
いつの時代から、日本で綺麗が始まったんでしょうねぇ。

ということは、こういうことかしら。
漢字の綺麗があるから、きれいがあると思っていました。
そうじゃないみたい。
やまと言葉で、先にきれいがあったのだ。
そのきれいに綺麗を当て嵌めたのだ。
この綺麗、中国でも当然通用すると思っていた。
結果、通用しなかった、ということのようですね。

広島ブログ

2018年12月10日 (月)

ダシに使う

ひとを便利使いする
いろいろ奔走してあげたのに見返りがない
こんな状態を表現する言葉なんですがね
わたしの生まれ育ちの身の上では、使う言葉ではありませんでした。
小説やテレビドラマの台詞など思い出してみると
東京関東ではあまり使われていないような気がします。
よく使うのは関西だなぁ。
そのへんのおっさんおばはんが普通に使っている。
ダシに使うとは、辞書にはあるけど、地域限定の言葉だと思います。

広島ブログ

2018年12月 9日 (日)

デジカメで困ること

181208

デジカメで、背後から日光が当たってミニター画面が見えなくて困ることがあります。
帽子で日光を遮っても効果がありません。

そうだ、こうしてみよう。
ポテトチップに筒タイプのやつがあります。
底板も抜いて、素通しの筒にして、デジカメのモニターに押し当てます。
右手はシャッターを押しながらデジカメを握っている。
左手はポテトチップの筒を押さえている。
顔はポテトチップの筒に押し当てている。
ミニターを見ながら構図を決めて、隙間が開かないようにする。
これならモニター画面は日光に曝されないはず。

次回にテストしてみます。

登山の時は一眼レフ、これはファインダーに顔を押し当てるから光が差し込むことはありません。
自転車の時はデジカメを使います。この時に困るんですよ。
構図は決まらないし、どこに焦点が当たっているか、そこは方向だけ狙いを付けます。
出来上がりは、たいがい、意図とは違う写真になっています。

ポテトチップの筒方式で、うまいこと使い物になればええのだが。

広島ブログ

2018年12月 8日 (土)

上流階級 富久丸百貨店外商部II

「上流階級 富久丸百貨店外商部II」高殿円 光文社
前作と同じ設定で語られます。
芦屋の豪華マンションに、鮫島静緒と枡家修平は住んでいます。
メゾネットタイプなので、下の階と上の階で棲み分けています。
パートから契約社員、正社員とパワフルな静緒、おぼっちゃまでゲイの修平、男と女の間違いは起きません。
前作では添え物だった修平が、お話しのキーになります。
ゲイについて深く語られます。
ゲイの息子を持った母親はどう振る舞うかが語られます。
外商のお話しですからね、いかに外商で収穫を勝ち取ったかが語られます。
これからの外商はどんなビジネスに変わるかが語られます。
お仕事小説ですが、これは面白いよ。オススメです。

読書メーター

広島ブログ

2018年12月 7日 (金)

温室仕立て

露地もの、温室もの、ということなんですが
お話しの焦点はちょっと違うところにあります。

おんしつしたて
このフレーズを三度、続けて行ってみてください。
簡単です、言えます、噛むことはない。
だけど、唇の運動の量がかなりのものです。
ほうれい線がどうとかこうとかで、気にしている方は
唇回りの筋肉運動として、いかがでしょう。
逆に、よくないのかな。

腹話術師に、このフレーズを言わせると、意地悪になります。
なんちゃらハラスメント。

広島ブログ

«上流階級 富久丸百貨店外商部

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31