無料ブログはココログ

« 島根、鳥取、広島県境、三国山 | トップページ | ザ・リコール »

2006年12月25日 (月)

しゃばけ

「しゃばけ」畠中恵 新潮社
「アコギなのかリッパなのか」で発見した畠中恵なんですがね
本線は、しゃばけの路線なのだろうと思います
お話しの筋立てを伝えてもしょうがないよね
主人公は大店の若だんな
あいかたは、妖(あやかし)が人間のなりをしたもの、それが手代として仕えている
鳴家(やなり)や付喪神(つくもがみ)など妖(あやかし)の連中がわんさと出てきます
本のタイトルは「しゃばけ」なんだが、はて、読了しても、その意味はなんだろう、どういうことなんでしょうね

« 島根、鳥取、広島県境、三国山 | トップページ | ザ・リコール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 島根、鳥取、広島県境、三国山 | トップページ | ザ・リコール »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31