無料ブログはココログ

« 数を数える方法を変えました | トップページ | 道ばたの道標に妻坂峠 »

2006年12月12日 (火)

天下布武

「天下布武」安部龍太郎 角川書店
タイトルにあるように、信長の時代のお話です。
主人公は信長ではなく、信長の小姓から離れて武将として働いている青年群像。
時代小説というのは、メノツケドコロが大事で、お話を動かす梃子に、国際情勢があります。
ポルトガルがスペインに併呑されたこと、オランダがスペインから独立したこと、イギリスが勃興してきたこと。
カトリック内部でも、教団同士の勢力争いもあります。
なるほどねぇ、そんなのもありかなぁ、と感服することしきりです。

« 数を数える方法を変えました | トップページ | 道ばたの道標に妻坂峠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 数を数える方法を変えました | トップページ | 道ばたの道標に妻坂峠 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31