無料ブログはココログ

« 写真の規格が変わってしまった | トップページ | ほめる、の字 »

2007年1月25日 (木)

中空

「中空」鳥飼否宇 角川書店
横溝正史ミステリ大賞の次席です、大賞ではないのはお話が一般的じゃないせいかな
ファンタジーノベルなんでしょうね、この世にあるとも思えないお話しを語っているわけです
鹿児島の片田舎の集落なんですがね、竹林に囲まれた集落です
中空とは竹のことなんでしょうね、竹がお話しを進めるキーワードになっております
老子荘子を思い出してちょうだい、この集落は荘子の理想を今のこの世にあらわす集落なんです
招かれてはいないのだが、押しかけ訪問してからというもの、連続殺人が起こります
殺人なんだか、自殺なんだか訳がわからない
そう、このお話しは、連続殺人なのか、連続自殺なのか、そこを解明するお話しです
かわりばんこに推理が展開するが、その推理より、枝葉のほうが面白い
老荘思想、竹林の七賢人などの、講釈のほうが面白い
中空とは、竹を意味する題名なんでしょうね、最後まで読み通してもカラッポという意味かもしれない

« 写真の規格が変わってしまった | トップページ | ほめる、の字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真の規格が変わってしまった | トップページ | ほめる、の字 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30