無料ブログはココログ

« 車を止めてはいけない場所 | トップページ | 国広山と上帝釈峡 »

2007年2月19日 (月)

警察庁から来た男

「警察庁から来た男」佐々木譲 角川春樹事務所
うたう警官、という前作がありますが、その設定を引き続けた作品です。
北海道警に表ざたになっていない不祥事があります。
特命で、警察庁から監察にキャリアエリートがやってきます。
かれは、監査の助手に、過去に「うたった」=内部告発したことのある人物を指名します。
主人公は、うたった警官なのか、同僚のクリーンな警官なのか、どっちが主人公とも言えないような展開になります。
いったん読み始めたら、夜更けの1時になろうが2時になろうが、読み終わるまで寝る気にはなりません。
衝撃度は、前作の「うたう警官」のほうが大きいかな。

« 車を止めてはいけない場所 | トップページ | 国広山と上帝釈峡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車を止めてはいけない場所 | トップページ | 国広山と上帝釈峡 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31