無料ブログはココログ

« 広島市可部の目じるし、高松山 | トップページ | 古城跡、今は送電線の頭崎山 »

2007年2月 9日 (金)

町医北村宗哲

「町医北村宗哲」佐藤雅美 角川書店
著者の別のシリーズに渡世人啓順のシリーズがあります。
啓順兇状旅、啓順地獄旅、啓順純情旅などがあります。
もともとは医者だったのだが、はずみで、渡世人の世界に身を置くことになったわけです。
啓順のシリ-ズは渡世人稼業で、きったはったの世界ですが
これは、渡世人から足を洗って、町医者で暮らしているお話しです。
啓順の略歴状況はそのまま北村宗哲の持ち込まれています。
旅から旅の旅人稼業では、事件はいろいろあるのが当たり前ですが
町住まいの医者でも、なるほどねぇ、いろいろと事件がふりかかるもんだねぇ。
もちろん、渡世人啓順のお話を読んでいなくても、町医北村宗哲、ちゃんと面白いお話です。

« 広島市可部の目じるし、高松山 | トップページ | 古城跡、今は送電線の頭崎山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島市可部の目じるし、高松山 | トップページ | 古城跡、今は送電線の頭崎山 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31