無料ブログはココログ

« 事案と言うのが普通になった | トップページ | 道連れ彦輔 »

2007年3月30日 (金)

クジラの彼

「クジラの彼」有川浩 角川書店
図書館シリーズで、わたしが猛烈に推奨している作家です。
図書館シリーズでも思ったんだが、制服社会に、彼女、思い入れがあるな。
これは短編集ですが、全部、自衛隊でのお話し
○クジラの彼 海上自衛隊・潜水艦
○ロールアウト 航空自衛隊とメーカー設計担当
○国防レンアイ 陸上自衛隊・女子陸上自衛官
○有能な彼女 海上自衛隊・潜水艦
○脱柵エレジー 陸上自衛隊
○ファイターパイロットの恋 航空自衛隊
どれも全部、恋のお話し、恋愛のお話し
ええなぁ、自衛隊でも愛を語るし、恋もするのだ
状況が極端に圧縮されているので、恋のおはなしも光を放ってきます。
もともとは、雑誌野生時代にとびとび掲載されていたものを書籍化したものです。

« 事案と言うのが普通になった | トップページ | 道連れ彦輔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事案と言うのが普通になった | トップページ | 道連れ彦輔 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31