無料ブログはココログ

« 不肖不詳負傷・しぇるぱ | トップページ | 地域で違うが、神楽とは »

2007年4月 3日 (火)

無理矢理のはめ込み、その2

不肖不詳負傷・しぇるぱ、これは無理矢理のはめ込みでした。
もっと無理矢理のはめ込みを思い出した。
勧進帳はみんなのおなじみ、義経公はみんなのアイドル
どさ回りの芝居では、義経公はほんのちょっとでも顔を出さなきゃ観客が承知しない。
「かかるところへ義経公しずしずと出でまして、あたりをちょっと見まわし給い、さしたる用もなかりせば、ふたたび奥へと入り給う」
田舎興行の芝居だが、神楽にこれを取り入れたらええのじゃないかな。
「これに出でたるは何とかの何々にてそうろう」
ちゃんかちゃんかちゃんかちゃんか、ピーィピッ
「いざ、何とかを何々せんとするものなりぃ」
ここで義経公が登場して、さしたる用もなかりせば、そのまま退場して行ってしまう。
こんな神楽の演出をやると、受けるぞぉ。
受けないかね。

« 不肖不詳負傷・しぇるぱ | トップページ | 地域で違うが、神楽とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不肖不詳負傷・しぇるぱ | トップページ | 地域で違うが、神楽とは »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31