無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

とかげのしっぽきりしゃっぽきり

某放送番組で聞いたのですが
企業の不祥事で、責任を取るのに
従来は、担当者が責任を取って、尻尾切り
今では、トップに責任追及が及んで、シャッポ切り
テレビで謝罪会見だけでは済まなくなりました

2007年5月30日 (水)

電気の引込線

ひところの電気の引込線は2本線、3本線で軒下に入っていました。
最近の引込線の工事では、線をよりあわせてネジネジ状態にして引き込んでいます。
これによる効果、雨水が電線を伝わっても、ネジネジの下のふくらみで落ちてしまいます。
昔は一箇所に集中して、首筋を直撃する、なんてことがありましたが、新方式では、雨だれが分散して、小粒になります。
ネジネジと言えば、中尾彬、退院はまだなんでしょうね。

2007年5月29日 (火)

ことわり、おことわり

よろしくね、了解しといてくださいね
これが、ことわり
しかし、おことわり、と切り返されたら
そりゃもう絶望、あきらめてください

山口市、陶ヶ岳、火ノ山、亀山、岩の山列

中国薬師の長徳寺に続いて、近所の山に行ってきました。
陶ヶ岳、火ノ山、亀山、と岩の山列が続きます。
海岸近くで、里からはごく近いのに、驚くほどの岩山が連続します。
岩場は登りのほうが楽なので、逆のコースを行ったほうが安全だろうと思います。
海抜高度は低いけど、それは問題じゃないです、気に入った山になりました。

http://sherpaland.net/report/sue_hi.htm

2007年5月28日 (月)

中国薬師、29番、長徳寺

寺の名前を言っても、飽き飽きしてもうええ、というところかもしれません。
この寺の寺号は熊耳山、こんな生臭い名前を寺号に名乗るとは
住職に聞かなくても解決しました。
それはね
読んでちょうだい、解決篇を書いております。
近くの山に行ったんですが、それはもうちょっと、、、、
なかなか手が回らなくなりました ( ´∀`)

http://sherpaland.net/chugoku-yakushi/29/29-top.htm

2007年5月26日 (土)

ひとごと、たにんごと

他人事、の読み方なんですがね
ひとごと、たにんごと
わたしは<ひとごと>と読むほうです
世間はどうやら<たにんごと>が多数派のようです

2007年5月25日 (金)

飯山・白滝山への登山路

東城の多飯が辻山、そこから谷をへだてて、飯山・白滝山があります。
登山路があるのか下見してみました。
南から舗装路が白滝山へ向かっている。これは頂上の電波塔、TV塔への保安路のようだ。
四天蓋山、国広山、頂上にTV塔がある山に登ったことがあるが、もひとつ気が進まないなぁ。
歩いて登れる仕事道があるのかどうか、もっと探ってみることにします。

ぎょうじゃにんにく

北日本で採れる山菜で、ぎょうじゃにんにくがあります。
ついうっかり、気を緩めて発音すると
ぎょうざにんにく
別物になってしまいます。

来訪者が異常に多い

25<>763<>28<>1096011<>
24<>718<>25<>1095245<>
23<>632<>26<>1094528<>
22<>454<>41<>1093911<>
21<>478<>30<>1093446<>
20<>402<>60<>1092998<>
19<>367<>17<>1092553<>
第1項は日付、第2項は昨日の来訪者数、第4項は累積カウンターなんですがね
これは、トップページのカウンター数字です。
トップページだけのカウントではなく、どこのページを開いても、トップページがカウントする仕組みにしてあります。
通常なら、毎日、300台から400台で推移するもんです。
今年の最低は163でした、1月7日。
さすがに、こんなに少ないとヘコミます。
ここ3日間、600台、700台
こんなに人気が沸騰するわけがない。
どこかのロボットが繰り返し繰り返し来訪しているものと思います。
乗っ取って、攻撃のベースキャンプに仕立てるつもりかもしれません。
「GPSお勉強の部屋」「HP寺子屋」
わたしのサイトの内容にこんなジャンルのものもあります。
ここで去年、エロサイト数人からしつこく繰り返して来訪を受けたことがあります。
1、2ヶ月経過を見ていると、ばったりと来なくなりました。

そうじゃないだろ、一般人の訪問じゃないかね。
そりゃ違うでしょう、なだらかに増えるならともかく、爆発的に増えているのがヘンだ。
だれかが、イジロウとしているのだと思うよ。

2007年5月23日 (水)

中国、雲南、大万木山2

出雲の山、大万木山に行ってきました。
島根県民の森での山や、県境の山あちこちで馴染みの山です。
いずれ、何度も来るつもりでしたが、延び延びになっていました。
やっぱり、大万木山はええなぁ。
次には、別のコースで登りたいと考えております。

http://sherpaland.net/report/ohyorogisan2.htm

2007年5月21日 (月)

カシミールでの愚痴

カシミールを使っていないひとには何のこっちゃ、という話しです。
カシミールは、右に操作パネルがあります。
解説本からインストールしたら、20万図と5万図の地図が、その操作パネルで区別できます。
ここまでが前置き、これから愚痴
20万図も5万図も、20万図の地図タイトルしか表現してくれなくなりました。
この意味、わかるかな。
国土地理院の紙地図、20万図にしても、5万図にしても、買うとき地図タイトルがありますわね。
5万図のタイトル索引が壊れて、20万図のタイトル索引のままになってしまった。
使いにくいので、あれやこれや、最新のバージョンのカシミールをインストールしたり、手を尽くしましたが効果がありません。
ある日、ひょいと5万図タイトルが復元しておりました。
結果オーライ、どこをイジッタから直ったのか見当も付きません。
とまぁ、こんなことがありました、とさ。

ふるさと納税制度、むりむり

ふるさと納税制度、自分の納税分からふるさとの自治体へ納税を何%か振り替えると言う制度です。
政府与党はこんな制度を考えていますが、実現は無理でしょうね。

源泉徴収が基本になっております。
社員のなかでこんな面倒なことを言うやつがいると、総務経理はきわめてやっかいなことになります。
社員の住所と関係ない自治体が納税先にあらわれ、混乱するのが目に浮かぶようです。
わかったわかった、それならね、原資のやりとりは今まで通り、付け替えの申請用紙を提出し、政府のほうで分配することにしようじゃないか。
ダメダメ、社会保険庁であれだけミスをしているんだぜ、行方不明が続出して、メタメタになるんじゃないかしらね。

2007年5月19日 (土)

秋吉台の最高地点、龍護峰

秋吉台の山に行ってきました。
最高地点と言っても、そこはそれ、たかが知れております。
それでも、カルスト地形の中を歩いていると気持ちがええのです。
そりゃぁもう、カルスト地形は展望を遮るものがない
展望を求める歩きなら、絶好です。

http://sherpaland.net/report/akiyoshidai.htm

2007年5月18日 (金)

中国薬師、28番、常福寺へ

中国薬師、28番の常福寺へ行きました。
奈良の大仏を鋳造するための、最初の銅鉱山があったところなんだそうです。
奈良の大仏と常福寺は関係ありません。常福寺は禅寺です。
参拝後、秋吉台の龍護峰へ行ってきました。
お話しは、ただいま編集中です。
それはもうちょっとあとで

http://sherpaland.net/chugoku-yakushi/28/28-top.htm

2007年5月17日 (木)

女信長

「女信長」佐藤賢一 毎日新聞社
信長は、じつは女だった、という設定です。
幼児のときから男として育てられて、そのまま、男として家督を相続した、とこういうことになっております。
序章  斉藤山城道三、富田の寺内正徳寺まで罷出づべく候間
第一章 御敵今川義元は四万五千引率し
第二章 江北浅井備前手の反覆の由
第三章 明智が者と見え申候
終章  徳川家康公、和泉の堺にて信長公御生害の由承り
信長伝記のポイントだけを章立てしてあります。
序章では、斉藤道三と、一章では、柴田勝家と、二章では、浅井長政と、三章では、明智光秀と
本来の女に帰って、女として男をたらしこむ
こんなことをやっております。
終章では、別の驚きを用意してあります。
メチャクチャな設定だが、うぅむ、有り得る、こんな状況ならこういう運びはあっても不思議ではない
説得力があるから不思議です。

かの英雄何某は実は男だった
これは飛び道具が過ぎて、そうそう何度も使えるもんじゃありません。
うまく設定を入れ替えて、説得力のある物語を組み立てた手腕に拍手です。

2007年5月15日 (火)

岩崎元朗の新日本百名山

東鳳翩山で岩崎元朗の新日本百名山のプレートがあったので
ちょっと調べてみました。
【北海道】◎礼文岳、利尻山、雌阿寒岳、大雪山、◎藻岩山、羊蹄山、◎恵山
【青森】◎大尽山、八甲田山、岩木山、◎白神岳 
【岩手】◎七時雨山、岩手山
【宮城】◎栗駒山、蔵王山 
【秋田】◎秋田駒ケ岳、◎太平山、鳥海山
【山形】月山、大朝日岳、西吾妻山 
【福島】◎霊山、◎一切経山、安達太良山、磐梯山
【茨城】◎奥久慈男体山、筑波山 
【栃木】男体山 
【群馬】谷川岳、◎荒船山
【埼玉】両神山 
【千葉】◎烏場山 
【東京】雲取山、◎天上山 
【神奈川】蛭ケ岳、◎神山
【新潟】◎ドンデン山、平ケ岳、妙高山、雨飾山
【富山】◎朝日岳、剱岳、立山、◎人形山
【石川】白山 
【福井】荒島岳 
【山梨】金峰山、甲斐駒ケ岳、鳳凰山、◎農鳥岳、◎櫛形山
【長野】◎志賀山、四阿山、白馬岳、◎唐松岳、◎爺ケ岳、◎燕岳、槍ケ岳、霧ケ峰、赤岳、仙丈ケ岳、木曽駒ケ岳、御嶽山
【岐阜】奥穂高岳、乗鞍岳、◎大日ケ岳 
【静岡】天城山、◎沼津アルプス、富士山、塩見岳、赤石岳
【愛知】◎鳳来寺山 
【三重】大台ケ原山 
【滋賀】◎武奈ケ岳 
【京都】◎愛宕山 
【大阪】◎岩湧山
【兵庫】◎六甲山、◎氷ノ山 
【奈良】◎釈迦ケ岳 
【和歌山】◎烏帽子山 
【島取】大山
【島根】◎三瓶山 
【岡山】◎蒜山 
【広島】◎弥山 
【山口】◎東鳳翩山
【徳島】剣山 
【香川】◎飯野山 
【愛媛】石鎚山 
【高知】◎稲叢山
【福岡】◎英彦山 
【佐賀】◎黒髪山 
【長崎】◎普賢岳 
【熊本】阿蘇山 
【大分】◎由布岳、久住山
【宮崎】祖母山、◎高千穂峰 
【鹿児島】開聞岳、◎永田岳 
【沖縄】◎於茂登岳
(◎は岩崎元朗が新たに選んだ山)
登る気はありませんが、こんな風になっております。

2007年5月14日 (月)

小説明恵

「小説明恵(みょうえ)」寺林峻 大法輪閣
源平争乱のころから鎌倉幕府初頭のころが時代背景です。
法然などの新しい宗教気運がきざし始める時代です。
明恵は華厳と密教を融合した厳密を極めようと志します。
華厳宗律宗などは戒律プロトコルを磨くのを主眼とし(しぇるぱの解釈)
密教は自己を高めることで、仏に近づこうとします。
名号、題目を唱えることで、仏のほうが近づいてくれる
新しい宗教理念が生まれて、明恵は宗論整理に懸命になります。
栂ノ尾の高山寺を創建し、ひとびとの帰依を集めました。

というようなことが、あれこれ、あれこれ
高僧伝というのは、落ち着いて読めるもんです。
悪人が出てこないし、恋愛や闘争など欠けらもない。
ただ、どこがクライマックスなのか、高揚した気分など味わうことなく、お話しは終わってしまいます。
明恵という高僧がいた。
わたしの解釈では、旧守派で、新潮流を作ることなく去っていったひと、こんなことでしょうか。
なにしろ、この本を読むまで、明恵という人物など知らなかったのですから。

ネパール国旗ではないけれど

白石山で測量の旗を見ました。
国土地理院か調査会社かは知りませんが
白い旗があちこちに立ててあります。
この姿はどこかの旗に似ているなぁ。
そうだ、ネパールの国旗だ。
思い出したので、アップしときます。070514

山口の大看板、東鳳翩山

山口でまず最初に思い浮かべる山、東鳳翩山に行ってきました。
山頂は、360度全部見晴らしが効くのですねぇ。
やっぱり、見晴らしのある山が一番です。
湿気があって高曇りの日だったのがザンネンです。

http://sherpaland.net/report/hgs_hohben.htm

中国薬師、26番、27番

中国薬師、山口市内に進みました。
26番興隆寺、27番広沢寺を訪問しました。
その後、東鳳翩山に登りましたが、ただいま編集中
官製は翌日になります。

2007年5月11日 (金)

スー族、スワン族

少数民族スー族、多数民族スワン族
なんの分類かというと、喫煙者、非喫煙者なんだそうです。
うぅむ、スー族、スワン族とは、よぅ名付けた。
名古屋で、タクシーが禁煙になりました。
ちくっと一刺し新聞のコラムで書くと、賛否両論、大騒ぎになっているそうです。
原典は不明ですが、採録されたものがあります。

http://blog.kansai.com/ueue/1168
『中日新聞社』 2007年4月29日付 朝刊 15面
「タクシー禁煙の憂うつ」

託児所、託老所

どこだったかなぁ、道を走っていると、託老所の看板が眼に入るところがあります。
託児所なら、ごく普通のことです、真っ直ぐに受け入れられます。
託老所と読むと、わだかまりが残ります。
託児所と託老所、機能は同じなのかもしれません。
受けるイメージは格段の差があります。

2007年5月10日 (木)

天明の密偵

「天明の密偵」中津文彦 文芸春秋
小説・菅江真澄 というサブタイトルがあります。
菅江真澄というひとは丸で知りませんでしたが
東北では名高い民俗学者で、その考察・写生は価値が高い、ということです。
田沼意次と松平定信との政争があり、白井秀雄は松平定信側の密偵として蝦夷地に行くように勧められる、いや、強制される。
天明の頃のお話し、蝦夷地の松前藩はこんな行政を敷いていたのかい。
ロシアはこんなふうに南下していたのかい。
蝦夷びとは商人からこんな扱いを受けていたのかい。
密貿易・抜け荷が幕府に察知されたかもしれない。
松前藩、改易するならしてみろ、ロシアと連合して、幕府と戦うのも辞さない。
白井秀雄は、うまいこと、蝦夷地に潜り込みます。
うわさ見聞を師匠に手紙で送り続けます。
ばれました。寸前で逃亡して、夜の津軽海峡を小舟で漕いで渡ります。
その後、白井秀雄は菅江真澄という名前であらわれます。
菅江真澄は歴史上の人物、白井秀雄は架空の人物かもしれない。
そこは小説、お話しだもの、菅江真澄が東北の各地を旅した、ということで、松平定信側の密偵だったのだ、そういう設定に仕立てたんですね。
人物・主人公に共感も興味も湧きませんが、蝦夷地の歴史的条件はとてもよくわかりました。

2007年5月 9日 (水)

HTMLタグで上付き文字

どこかで、なんとかの二乗、というのを見たんですよ。
上付き文字で、肩に2という数字が乗っている、ちょっと真似してみたかった。
これは言葉遊びにしか使いようがありませんが
家庭のジジョウ
鼠小僧サンジョウ
シジョウ大橋
ギャグとしては理屈をこねすぎて、あまり効果が出るものとは思えません。
ま、使ってみたかっただけ
「もうちょっとだが、大鬼山」で使っています。

もうちょっとだが、大鬼山

庄原、高野の大鬼山に行ってきました。
時間が遅く始めたので、頂上の手前で時間切れになってしまいました。
どんなところか不明でしたが、とりあえずは、こんな山なのか、と納得しました。
展望を求めるなら、アンテナのところでゆっくりすればええし
どうしても頂上を目指すなら、踏み跡を拾っていけば行ける山です。
ヤブ歩きを苦にしないひとならOKです。

http://sherpaland.net/report/ohgiyama.htm

2007年5月 7日 (月)

ポイ捨て、ポイ立て

ちょいのり、SUZUKIの原付バイク
ちょいわる、なんだか流行りみたい
こんな言葉の組み合わせで似たもの
ポイ捨て、タバコや、缶飲料を捨てることですがね
ポイ立て、缶飲料を駐車場に立てて置き去りにすることなんだそうです
今日、ポイ立ての缶飲料をみた、くずかごに捨てるのが面倒なのか、邪魔することで、ひそかに快感を味わっているのか

2007年5月 5日 (土)

武家用心集

「武家用心集」乙川優三郎 集英社
短編集なんですが、てっきり、剣術のなにかのお話と思っていました。
違いました。
下級武士の世渡りの術、家庭のなかのとげとげをやり過ごすテグチ、これは現代でも通用するお話でした。
旗物奉行などのあまり聞くことの無い奉行名、組頭など、今で言うと、係長、主任程度で、扶持米は少ない役職なのだな、と身につまされました。

2007年5月 3日 (木)

黄色のガードレール

中部、近畿、中国、四国の瀬戸内部分
これだけ駆け回っていますが
黄色いガードレールは山口県でしか見たことがありません。
警戒色なんでしょうが、いかにも異様に見えます。
山口県以外で、ここで見たよ、という例はありますでしょうか。070502i

CGIの取り扱いにテコズリました

中国薬師の25番なんですがね
CGIで、アクセス解析をしております。
何度アップしても、手を替え品を変えてアップしても反応がありません。
一夜明けて、ひょっとして、あぁ、やっぱり。
中国薬師のテキスト本文に、CGI埋め込みをしておりますが
ここでの書き換え改変を怠っておりました。
書き換えを終えたら、ちゃんと反応するようになりました。
ちょっとクタビレテいたみたい。

山口市、徳地インターから白石山

中国薬師、薬師堂に続いて、徳地インターの近くの白石山に行ってきました。
巨石の多い山と、事前に学習して行きましたが
想像以上に巨石の多い山でした。
登山路が太い道になっています、山口市内に近い山なので来訪者が多いのだろうと思います。

用事が多事多端、なかなかホームページ編集に専念できません。
やっと、暇を見つけて完成しました。

http://sherpaland.net/report/shiroishiyama.htm

2007年5月 2日 (水)

中国薬師、25番へ

中国薬師、25番の月輪寺薬師堂へ行ってきました。
楼門、山門と鐘つき堂を合体させたもの、これの
棟=中心線を前に移動させて、荘厳の効果を増すようにしてあるのを見つけました。
いろいろ寺院を見ましたが、こんな技法は始めて見ました。

http://sherpaland.net/chugoku-yakushi/25/25-top.htm

薬師堂参拝後、山に登りましたが
これから編集します。

2007年5月 1日 (火)

芥子の花 金春屋ゴメス

「芥子の花 金春屋ゴメス」西條奈加 新潮社
頃は21世紀の中ごろ、日本の北関東あたりに、江戸というテリトリーがある、こんなことを丸呑みしてください。
時は21世紀でも、テリトリー内では、江戸なんです。江戸幕府の支配化にあるんです。
長崎奉行が金春屋ゴメス、馬込播磨守寿々、名前の一部を抜き出してゴメス、金春屋というのは屋敷の裏に副業の料理屋を経営していて、その屋号だと、そういうことです。
名前が寿々であるように、ゴメスは女なんです。
強力無双、容貌魁偉、巨大肉体、性格悪辣、ええもう、むちゃくちゃヒールの役回りです。
第一作の「金春屋ゴメス」これでファンタジーノベル大賞を獲得しました。
べらぼうな設定だな、東京に隣接して江戸があるのかい、ただし、江戸は鎖国していて、長崎奉行のもとに通商を制限している。
今回は、アヘンがお話しの中心です。
東京でアヘンが流通している。そのアヘンは江戸からもたらされたものらしい、ということで、長崎奉行の出番があるわけです。
何が何やら、お話しの運び方は自由自在、そりゃぁ、現代に時代劇を織り込んだら、どんなことだってできる。
これはけなしているんじゃありません。
ええ設定を考え出したな、とほめているのです。
目を白黒しながら、読み進めていってください。

広島空港ハイクの設定コース

広島空港に隣接して、中央森林公園があります。
その公園が設定したおすすめハイキングコース
1、ゴルフ場周囲コース(7330m)
2、芝広場・ピクニック広場・展望広場コース(3650m)
3、展望広場・全国植樹祭記念園コース(4250m)
4、女王滝コース(3700mあるいは3630m)
5、展望所・空港・三景園見学コース(3350m)
距離は、どれも公園センターを起点とするものです。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31