無料ブログはココログ

« なぜか、簡単にPCがコケテしまう | トップページ | 三国山、北嶺 »

2007年8月12日 (日)

シリウスの道

「シリウスの道」藤原伊織 文芸春秋
2007/07/03付けで、同じ作者の「ひまわりの祝祭」を呼んでいたく感銘を受けました、ということを発言しています。
著者は長く電通に勤務し、広告業界には堪能です。
その広告業界のお話しです。
男たるもの、サラリーマンたるもの、いや、サラリーマンなればこそ、かくあらねばならぬ、のセンスにあふれています。
そりゃぁね、かくあらねばならぬのは理解できるが、平凡な人間が同じ行動をしちゃぁいけません。危険だよ。
中学1年生のころ、ひとを殺すか殺さないか、修羅場をくぐったことで、人生の芯が出来たというもんです。
平凡な人間は、スーパーマンの行動・度胸に胸躍らせてカタルシスを得る、これでええんです。
藤原伊織は著書が少なく寡作です。
追いかけたい作家のひとりになりました。

« なぜか、簡単にPCがコケテしまう | トップページ | 三国山、北嶺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜか、簡単にPCがコケテしまう | トップページ | 三国山、北嶺 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31