無料ブログはココログ

« 府、という言葉 | トップページ | 出世、出世作 »

2007年8月28日 (火)

雪が降る

「雪が降る」藤原伊織 講談社
藤原伊織を発見したので、追いかけているんですがね
これは短編集です
長編では、えてして、組織のゆがみとか、会社内での抗争とか、そういうことに流されて展開がひろがる、こんな話しが多いもんです
短編では、個人の心のゆがみとか、思いと行動のずれなど、ちょっとしたことを切り取る、こんなことかな
幸い、この短編集は男と女の間で揺れ動く、こんな展開はでてきません
安心して読めるなぁ
でも、人間、どこかで爆発する瞬間があるんです
台風:ビリヤードをやるジャズピアニスト
雪が降る:酒依存症のサラリーマン
銀の塩:不法滞在のベンガル人と逃亡中のの犯罪者
トマト:政治家秘書
紅の樹:足抜けしたヤクザ
ダリアの夏:デパートの荷物配達人
それぞれ、過去があって、ひきがねを引く何かがあって爆発するわけです
ま、こんな世界です

« 府、という言葉 | トップページ | 出世、出世作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 府、という言葉 | トップページ | 出世、出世作 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31