無料ブログはココログ

« サブプライム、サラ金、パチンコ、三題話 | トップページ | 広島、湯来の阿弥陀山 »

2007年9月26日 (水)

陰の声

「陰の声」逢坂剛 講談社
近藤重蔵始末の5巻目なんですがね
火付盗賊改方だったんですが、4巻目から長崎勤務
長崎奉行手付出役として、抜け荷、密貿易取締りで薩摩と渡り合います
この作品のヒーローなんですが、なぜか同感できない
男前は男前なんですよ、印象として巨漢みたい、お相撲ほども大きいのじゃないかな
ウィキペディアで近藤重蔵を検索してみたんですよ
蝦夷探検のあの男と履歴が似ている
このシリーズ、蝦夷地探検までお話しが延びるかもしれない
その後、出世を重ねたが、傍若無人が過ぎて、蟄居閉門
違和感があって遠目に読み続けているのだが
いまは颯爽とした捕り物のお話しなんですよ
どこまでもどこまでも、このシリーズは繰り広げて行けるもんでしょうかね

« サブプライム、サラ金、パチンコ、三題話 | トップページ | 広島、湯来の阿弥陀山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サブプライム、サラ金、パチンコ、三題話 | トップページ | 広島、湯来の阿弥陀山 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30