無料ブログはココログ

« 再び、百度のロボット検索 | トップページ | 中国地蔵、6番、浅口市 »

2007年10月31日 (水)

のだめカンタービレ

「のだめカンタービレ」二ノ宮知子 講談社
女性漫画誌KISSで連載中の漫画のようで、全18巻
そのなかの13巻までを一気読みしました。
知ってる人は知っている、テレビでドラマ化されたものです。
あまりにばかばかしいドラマなので、ツボにはまって毎週見ていました。
ところが、何かの拍子に、最終回を見損ねてしまって、あのお話、どうなったんだろう、消化不良でした。
息子が引越ししたので、引越し荷物からこの漫画がこちらへやってきました。
半年くらい、放っておりましたが、読み始めると一挙でした。
漫画での言葉遣い息遣い、そっくりそのままテレビでもその通りにやっていたんですね。
絵もきれいだし、漫画としてはずいぶん高級なものじゃありませんか。
なにぶん、クラシックの世界にうとくて、曲や演奏や解釈については、ほとんどわかりません。
わからなくても、こんなもんだろうと誘導してくれるところが凄いとこです。
テレビでは、音大のなかのお話でヨーロッパに出たところまではなかった。
そのヨーロッパ篇なんですが、13巻で手持ちが終わったので、14巻から18巻までの様子がわからない。
ここでも消化不良は残ると思うでしょ。
ヨーロッパでの人と人のつながりがよく呑み込めないんですよ。
邪魔をする人と助けてくれる人の相互関係がよくわからない。
無理してでも、この先を知りたいという気にはなりません。
それでも、これは言える。
いやぁ、おもろかった、のだめワールド。

« 再び、百度のロボット検索 | トップページ | 中国地蔵、6番、浅口市 »

コメント

うちにあるから読みにきたらどうでしょう^^

ありがとう
ヨーロッパに渡ってからは、お話がダレタ感じが否めないよねぇ。
青年の成長小説、シュトゥルム・ウント・ドラング
混迷やためらいからテイクオフしたので、あとは収穫期に入ったのかしら
ドタバタが無くなったからおバカさも消えたのかしら

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び、百度のロボット検索 | トップページ | 中国地蔵、6番、浅口市 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31