無料ブログはココログ

« 時津風親方を解雇 | トップページ | 清佑、ただいま在庄 »

2007年10月 6日 (土)

蛇がこっちへ向かってきて---

等検境であったことなんですが
登り斜面で蛇と遭遇しました
こっちは下から登っているので、当然、横か上の方向へ逃げて行くだろう
ややっ!こっちへ向かってくる、両足の間 目指してやってくる
慌ててバタバタと足を踏み替えて、蛇を踏みたくないので、避けました
ビュゥーと通過した蛇を見送ると、青黒い肌色の蛇でした
やれやれ、マムシではなかったなぁ
足許を通過するとき、眼が追い付いて行きませんでした
なにへびか判らなかった
蛇のやつも、何をとち狂ったのか、正面突破の方向へ来なくてもええのにね
スピードの出る下向き斜面を選んでしまったのでしょうね

ほんらい、等検境のページで書くことなんですが
ただでさえ脇道へ逸れる無駄離しが多いのを恐縮に思っております
この蛇ネタをページで使うのは遠慮しました
しかし
膝から下の鳥肌が立つ、ぶわぁっと毛穴が開きました
こんな経験は始めてです
ページには使わないが、身辺雑記としてここの材料には取り上げました

« 時津風親方を解雇 | トップページ | 清佑、ただいま在庄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時津風親方を解雇 | トップページ | 清佑、ただいま在庄 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31