無料ブログはココログ

« 警察キャリアと検事が戦えば | トップページ | 広島アルプス、鈴ヶ峰から大茶臼山 »

2008年1月26日 (土)

逆風の街

「逆風の街」今野敏 徳間書店
サブタイトル、横浜みなとみらい署暴力犯係
マル暴の刑事の班なんですがね
印刷屋へのキリトリ、借金の返済の催促でヤクザが絡んできた。
絡んだヤクザを追ううちに、そのヤクザは警察の潜入捜査官だと判ってきた。
ヤクザのやり口は許せないし、潜入捜査官を保護しない上層部のやり口はもっと腹が立つ。
すったもんだ、あれやこれやとありますが
どんなに緊迫しても、これ以上は読む続けられない、という切迫感はありません。
火曜サスペンス劇場、土曜ミステリーをテレビで見ているように、あっちの世界のお話として、筋立てを楽しんでいられます。
主人公に感情移入しすぎて、もうこれ以上読み続けられないと、本を閉じたことがなんべんあったことか。
とんとんとんと、スムーズに読み進むことができる、これもひとつの評価ポイントです。

« 警察キャリアと検事が戦えば | トップページ | 広島アルプス、鈴ヶ峰から大茶臼山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警察キャリアと検事が戦えば | トップページ | 広島アルプス、鈴ヶ峰から大茶臼山 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31