無料ブログはココログ

« 倉吉・関金の要害山、地元の名前は八幡山 | トップページ | ブラックペアン1988 »

2008年6月26日 (木)

三世相

「三世相」松井今朝子 角川春樹事務所
サブタイトルに「並木拍子郎種取帳」
並木拍子郎とは、奉行所の町方同心の弟で、芝居小屋の町に居ついて身過ぎ世過ぎをしています。
師匠は芝居小屋の座付き作者で、その手先として、芝居に仕立てる、世間の荒事和事のネタを拾ってくるのが仕事です。
中篇集で、5篇を集めたものです。
題名の「三世相」とは、暦・占の本で、毎年出版されるもの、今でも高島易断のパンフレットが出ていますが、あんなもんです。
占のパンフレットはお話しの出だしのちりばめネタです。
本筋は、占い師、よく当たる占い師、客は困って占いに顔を出すのだから、掻き回して、金儲けの材料にするのは簡単。
そんなこんなのお話しです。
松井今朝子は、歌舞伎、芝居の業界に詳しい、へぇぇ、と驚き感心するネタがいっぱいで、瑣末な情報のひとつひとつが面白いです。

« 倉吉・関金の要害山、地元の名前は八幡山 | トップページ | ブラックペアン1988 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倉吉・関金の要害山、地元の名前は八幡山 | トップページ | ブラックペアン1988 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30