無料ブログはココログ

« 銀座開化事件帖 | トップページ | 中国地蔵、29番、鳥取市へ »

2008年7月 4日 (金)

免停の講習会の内容

話しを引っ張って申し訳ない
免停の講習会の内容なんですがね
選択肢に、社会奉仕と実技講習と二種類あるわけです。
大阪にいた時に、社会奉仕したことがあります。
あれはサラシモノになったような恥ずかしさがあります。
当然、実技講習のほうを選びます。こっちが高いけどそれでもこっちのほうがええ。
免許を取るとき、あれほど苦労難儀した教習所のコースが意外にも簡単なんですよ。
S字カーブ、クランク、縦列駐車、なんちゅうことない。日ごろ狭い隙間を運転して稽古を重ねていたんですね。
教習所のカーブに制限15キロ、とか一時停止のラインとか、引っ掛けるところではやはり引っ掛かりました。
運転適性検査っちゅうのがあるんですよ。
テレビゲームのようなもんですがね。
障害物をかわして進むのが難しい。
驚いたのが使っているパソコン、PC98と銘打ってあるんですよ、当然、NEC。
いつの時代のパソコンだろう。
起動の画面を見ていると、プロトコルの文字列が流れていくし、チョイスの打ち込みは、DOS画面のように見えるがねぇ。
へぇぇ、古いパソコンが未だに動いているのだ、とびっくりしました。

« 銀座開化事件帖 | トップページ | 中国地蔵、29番、鳥取市へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座開化事件帖 | トップページ | 中国地蔵、29番、鳥取市へ »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31