無料ブログはココログ

« 早刷り岩次郎 | トップページ | いとぉしぃことですのぉ »

2008年8月25日 (月)

サイン会はいかが?

「サイン会はいかが?」大崎梢 東京創元社
「肩耳うさぎ」で大崎梢を知りました。
出世作が本屋シリーズで、本屋に起こるさまざまな事件が登場します。
そのシリーズのなかの一冊を見つけました。
「成風堂書店事件メモ」とサブタイトルにあります。
なるほどねぇ、本屋の中のほんまに取るに足りない小さな事件です。
客からの注文が偽物で、繰り返して偽の注文があったり
小学生の社会見学で、小学生に気に入られて入り浸るようになったり
バイト君が高校生のころ、女子高校生に雑誌の付録をプレゼントされて戸惑ったり
そのほか
事件そのものはささやかなものです。
バイトの大学生の女の子がそれを解き明かす、そんな流れです。

著者は本屋でバイトしていた時期があったのだそうです。
神は細部に宿りたもう。
隅々まできっちり描いてこそ全体がくっきりとしてくる。
客の立場で本屋を眺めるばかりじゃなく、店の側の立場で眺めると、些細な事柄が光ってきます。
そんなのありか、と業界事情が透けて見えて面白いもんです。

« 早刷り岩次郎 | トップページ | いとぉしぃことですのぉ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早刷り岩次郎 | トップページ | いとぉしぃことですのぉ »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31