無料ブログはココログ

« コンパクトカメラのリストバンド | トップページ | 自転車少年記 »

2008年8月12日 (火)

漁師にだけ油の値段を下げてやれ

漁師にだけ油の値段を下げてやれ、こういう主張政策があります。
実は、先例があります。
実は、農民には油の値段を下げているんです。
農免道、これがそうです。
農民向けにガソリン価格を下げてやる、個別に還元できないので、なんぼ使用したか役所が見積もって、農道を作って還元している。
明らかに役人の生き残り策です。さじ加減に利用されています。

もともと、収穫物の対価はマーケットが決定します。
高ければ売れない、買わない。
油が値上げされたなら、売価に転換すればええ。
売値を値上げできないのなら、マーケットから見放されたわけです。

ということで、漁師にだけ油の値段を下げてやるのは反対ですし
値段を下げる法律を作れば、役人の天下り先を確保してやるだけのことになります。

« コンパクトカメラのリストバンド | トップページ | 自転車少年記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンパクトカメラのリストバンド | トップページ | 自転車少年記 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31