無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

吉和冠山、正面・潮原温泉から2

吉和冠山に行って来ました。
8月に同じコースを歩いていますが、今日のための下見でした。
下見をすると、ほんちゃんでの興奮が無くなってしまうので、もひとつですねぇ。
世話役に徹しましたが、世話を焼くほどのこともないし、淡々と歩いてコースが終わりました。

http://sherpaland.net/report/ysw_kammuri3.htm

2008年9月27日 (土)

韓国から毎日データ蒐集

Yeti/1.0 (+http://help.naver.com/robots/)
アクセス解析に、これが毎日出現しています。
韓国から毎日一回はデータ蒐集して去っていきます。
naverとは韓国の検索大手です。
何が目的なんだろ、毎日巡回するターゲットにされたのが不気味です。

中国の検索に、百度=baiduというのがあります。
ここで、百度=baiduが毎日データ蒐集して去っていく、気持ちが悪い、と書いたら
不思議なことに、来訪の痕跡がなくなりました。
痕跡を隠して来訪しているのか
データ蒐集の対象から外したのか
それは解りませんが、来てくれなくてホッとしています。

百度=baiduの前例ではうまくいったのですが、同様に
ここに書いたら、来訪を止めてくれる、ならええのにね。

2008年9月24日 (水)

大規模林道、電線沿いに、白滝山(東城)

東城と西城の境界あたりに白滝山があります。
最新の地図になら、大規模林道が載っているのですが、古い地図を眺めていたので、なかなか新しい道を発見できませんでした。
この山には簡単に登れます。
これも大規模林道の効果です。
ほんぺんに書き忘れました、ここで書いておこうか
白滝とは滝のある山の意味ではありません
岳を言い換えて滝と表現します、そんな言い換えの例をいくつか知っています。

http://sherpaland.net/report/shirotaki.htm

2008年9月23日 (火)

特命

「特命」麻生幾 幻冬舎
エスピオナージ=スパイ小説に特化している作家です。
洞爺湖サミットを警備するのですが、成田のイミグレーションで不審がられた男がとうとう息を引き取った。
拷問でさんざん痛めつけられて、やっと飛行機で逃げてきたわけです。
お話しはここから始まります。
警察の警備部門と言うと、日本警備保障(SECOM)や綜合警備保障(ALSOK)の用語と同じと考えちゃぁいけません。
国家の安全を統括するスパイ部門を抱えております。
この警備部門のキャリアの中堅が特命を与えられた。
成田で男が死んだが、その背景を探れ。
調査が進むと、ベイルートに原因がある。
ベイルートで連合赤軍を捕獲するため、重要な情報源を運営していた。
調べるうちに、命じた局長や長官が関わっていることが見えてきます。
この、調べていく経過がこのお話しのエエトコなんですよ。
なんだか意味はよく解らないが、読んでいると、これは国家機密の重要部分を、わたしは触っているのじゃないか。
この警察官僚に自分でも感情移入して読み進んで行きます。
さて、この中堅官僚と局長とが直接対決します。
これ、どっちが勝ったのかというと、中堅官僚は逮捕されてしまうのですよ。
どうやら、局長と長官の不始末をぬぐうために特命が下ったのじゃないだろか。
悪がのさばる、こんなお話しなのに、読後感は悪くないのですよ。
なんぼ主人公に感情移入しても、所詮よそごとというか、将棋の駒の動きと同じで、離れたところで見ているからなんでしょうね。
エスピオナージの世界には何でもある、何があっても不思議じゃない、そんな前提条件があるからでしょうかね。

2008年9月20日 (土)

サブPCにXPSP3を導入、成功

メインのPCにはSP3は導入済みです。なんの問題なくインストールできました。
サブPCへXPSP3をインストールしようとして、過去2回、不調に終わっております。
今回、丹念に手順を確認してインストールしました。
今回は無事インストールが完了しました。
キツネに包まれたような気がします。何ほどの違いはないのに。

数日前、販売店からメーカーにSP3を導入してくれるよう掛け合いをしました。
ハードは問題ないが、ソフトに問題がある、クレームとして扱ってもらいたい、こういう内容の掛け合いです。
「普通にインストールが完了すれば無料です。フォーマットしなければならない場合は9千円です」
「え、機械本体は安売りのPCなんだよ。9千円は高いじゃないか」
「なにかのソフトが競合している場合が考えられます。フォーマットのレベルならば9千円になります」
「待ってくれ。9千円は高い。SP3は諦めよう」

いったんは諦めたが、念のため、もういっぺんトライしてみよう。
今度は難なくインストールされました。
前回、前々回はどこを間違えたのか、今回はどこが正しかったのか、わけがわかりません。

ハナシがはずむ!

「ハナシがはずむ!」田中啓文 集英社
笑酔亭梅寿謎解噺3 とうとうシリーズ3冊目までとなりました。
謎解きは1冊目だけなんですね。2冊目からは謎解きにこだわっているわけじゃありません。
竜二、笑酔亭梅駆(ばいく)はまだ笑酔亭梅寿の内弟子です。
内弟子なのに、上方落語の大看板、星の家柿鐘を襲名するお話しが舞い込んできます。
もちろん、すんなり話しが進むはずもありません。
大ドタバタが展開するのは当たり前です。
ちょっと、章立てを列挙しておきましょうか。
「動物園」「日和ちがい」「あくびの稽古」「蛸芝居」「浮かれの屑選り」「佐々木裁き」「はてなの茶碗」「くやみ」
どれもこれも、落語の題・筋です。
落語の内容にあわせて、それにちなんだドタバタが繰り広げられます。
ところで、一番弟子から順番に名前を挙げていきましょうか。
笑酔亭梅々、笑酔亭梅二郎、笑酔亭梅漫、笑酔亭梅菌愚、笑酔亭しん寿、笑酔亭羅々梅、笑酔亭寿亭夢、笑酔亭梅春、笑酔亭梅駆
ばいばい、ばいまん、ばいきんぐ、しんじゅ、ららばい、じゅていむ、ほんとはばいしゅんなのだがそれはあんまりだとうめはる、ばいく

2008年9月19日 (金)

ページカウンターが上がり過ぎる

一番最近の自転車のページですがね
ページカウンターの数字が多いのです。そんなに人気があるはずがないのに。
調べてみると、訪問者のIPアドレスはわたしのものでした。
HPビルダーでのプレビューで何度も確認するのですが
その度に正規の訪問をしているようです。
なんだ、なんだ、どうして設定が変わってしまったんだろ。
その究明はあとまわし
現実的な対応は、有線ルーターのケーブルを抜いてしまえばええ。
通信を断ち切ってしまえば、プレビューはプレビュー、カウンターが上がることはない。
プレビューで確認したあとは、もちろん、ケーブルをつないでおきます。

ハナシにならん!

「ハナシにならん!」田中啓文 集英社
笑酔亭梅寿謎解噺2とサブタイトルにあります。
最初の「笑酔亭梅寿謎解噺」が受けたので、続編が出たのだと思います。
----------
笑酔亭梅駆(ばいく)こと星祭竜二は、両親が早逝して、天涯孤独の身のうえである。
高校を中退して、暴走族に入ったり、ロックバンドを組んだりしてふらふらしているところを
かっての担任であり、元噺家の笑酔亭梅林狩(ばいりんがる)こと古屋吉太郎によってむりやり梅寿の内弟子にさせられてから、まだ一年しかたっていない。
----------
お話しの設定はこんなところです。
第一作では、謎があって、それを解き明かす、これが流れでしたが
第二作では、謎解きは重視していません。
ハナシになるか、ならないか
梅寿一門が松茸芸能から締め出されてしまいます。
行き違いで、梅駆も師匠から破門されてしまいます。
梅駆にはスポンサーが付いて、独演会を開くところまで漕ぎ付けました。
ハナシになったんですね。
破門が解けて、再度、入門、シリーズが終わることなく、続編へと続く予感で巻末となります。

2008年9月18日 (木)

県境、広島、島根、鳥取、岡山、ひとまわり(自転車)

広島、島根、鳥取、岡山の県境を自転車でぐるっと回ってきました。
つまり、道後山を中心にぐるっと回ったわけです。
ざっと97キロ、11時間かかりました。
最後の県境では日が暮れて、自転車のランプを灯して走ることになりました。
もう一回やってみる?
いやぁ、もうええ。一回やればじゅうぶんです。

http://sherpaland.net/bike/2008/bike-080917-h_s_t_o/bike-080917-h_s_t_o.htm

2008年9月16日 (火)

笑酔亭梅寿謎解噺

「笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文 集英社
カライお話しよりユルイお話しのほうが好きです。
絶好のシリーズを見つけました。
笑酔亭梅寿、上方落語笑酔亭一門の師匠です。
この師匠、どう見ても笑福亭松鶴と瓜二つで、笑福亭松鶴をモデルにはめこんでお話しを組み立てたんだろうな。
無理やり弟子入りさせられた竜二、芸名をもらって笑酔亭梅駆がほんとの主人公です。
謎解噺、ささいな事件が起きるんですよ。
高座での鳴り物の三味線の糸が切れる、これは何かのたたりか、そんなことだったり
東京から客演しただらしない落語家が楽屋で殺されたり
初老の漫才コンビ、かたくなにテレビに出るのを断る、そのわけは

どれもこれも、師匠の笑酔亭梅寿が解き明かす段取りなんですが
話すのも面倒じゃ、竜二、お前説明せぇ
それはこれこれこんなわけで。ねぇ、師匠、おっしゃりたいのはこういうことですね。

落語の世界がほんのりと見えて、なかなかええもんです。
キリキリとからくてきつい世界のお話しはかないません、こんなゆるいお話しがええなぁ。

2008年9月15日 (月)

八月のマルクス

「八月のマルクス」新野剛志 講談社
新野剛志には「あぽやん」で始めて出会ったのですが
ゆるいお話しが本線かと思っていました。
違った、「あぽやん」のほうが突然変異のようなもんでした。
女子高生をレイプしたと報道されて、芸能界を引退して五年になります。
漫才をやっていましたが、不意に元のアイカタが訪問してきます。
癌に侵されて余命がそんなにないと伝えます。
翌日、警視庁の捜査員が来ます。
芸能ライターが殺されて、五年前のレイプ事件は誤報で、動機はある、アリバイ確認です。
元のアイカタに会っているのでアリバイはあります。

こんなところから始まって、お話しの筋が集中してきます。
マルクスとは資本論のマルクスじゃないのです。無声映画時代のコメディアン、マルクス兄弟のことです。
江戸川乱歩賞の受賞作です。
江戸川乱歩賞というと、本格ミステリー、怪奇ミステリーを想像していました。
違うね、ハードボイルドだ。
探偵役が動き回って、動くことで反応を引き出して、解決へ持っていく、そんなお話しです。
どろどろとしたものや、目を覆う描写はないので、さらさらすらすら読める上質のお話しです。

2008年9月14日 (日)

忙しければ、雑誌が犠牲に

時間を有効に使うために、優先すべきことから取り掛かります。
ついつい、雑誌を読むのが後回しになってしまいます。
半月間の日経パソコン、三冊たまってしまいました。
驚くような内容もないし、今年いっぱいで契約終了にしようかな。
BE-PAL まごまごしていると、次の発売日が来てしまう。
早めに開いて読まなくちゃ。
もう一冊、これはね、駅のキオスクでしか売っていない雑誌

どれもこれも、買ったままホッタラカシにしていても差し支えないということは、興味を失いつつある、こういうことなのかなぁ。

2008年9月 9日 (火)

久松山、鳥取城跡附太閤ヶ平

きゅうしょうざん、とっとりじょうせきつけたりたいこうがなる
このようにフリガナを振っております。
名前が凄いけど、公文書から引き出したタイトルなんです。
鳥取県庁の背後の山、久松山と、豊臣秀吉が毛利軍に対峙した本陣山、別名太閤ヶ平、ふたつを歩いてきました。
なんぼ中国地方と言っても、鳥取県鳥取市の山となると、情報不足です。
ホームゲームではなく、アウェイで、散々道に迷いました。
さすが県庁所在地、ウィークデイなのに人に出会って、コースを教えてもらって歩きとおすことができました。

http://sherpaland.net/report/kyushozan.htm

中国地蔵、30番、終わりました

中国地蔵、30番、鳥取市、市内の玄忠寺で参拝を終えました。
思えば、中国観音、中国薬師、中国地蔵、寺々を求めて中国五県を動きました。
おかげで、地理的なロケーション、山々の見え具合など、だいぶ解ってきました。
とりわけ、なに県のどこどこ、だいたいかかる時間はこれこれで、どういうコースを進めばええか、概略の把握ができるようになりました。

http://sherpaland.net/chugoku-jizoh/30/30-top.htm

鳥取県庁の裏山の久松山、その向かいの本陣山に登ってきました。
編集はこれから、零時を回りましたが、今日は無理でしょう、明日完成を目指します。

2008年9月 6日 (土)

あぽやん

「あぽやん」新野剛志 文芸春秋
あぽやんとは聞きなれない言葉だが、アポイントメントのアポ取り、そんなものかしら、と思って手に取りました。
APO、エアポートの略称で、そこで働く健気なオノコをあぽやんと言うのだそうです。
航空会社で一番とはいえないが二番の会社で、その関連会社で旅行代理店で二番めのラインの名前を名乗っているいるわけです。
旅行代理店の花形は営業で、上司に盾突いてしまったんですね。
干されて、空港でのお客の送り出し業務を命じられました。
ここは最前線で、条件不備のお客、どんな事態が起きるかわかりません。
事が起きたら、飛行機が飛び立つまでに処理しなければなりません。
それがセンダーという業務
指揮して働いてくれるのは、同じラインの名前の会社でも別会社、○○エアポートサービス、派遣の契約だから恐ろしく給料が安い。
その中で、マネージャークラスが数名で、シフトを変えながら統率しているわけです。
あいつは所詮あぽやんだ、と見下される場合が普通だが
さすがはあぽやん、おかげで助かった、と感謝される場合もあります。
○ブラジルからの出稼ぎで、ポスポートに日本でのイミグレーションの入国印がない、このまま出国すると、日本に再入国できない
○ヤクザの団体のお客がいる、営業が空港でのアテンドを押し付ける
○テレビの検証であたった海外旅行、子供のパスポートを忘れてしまった、あろうことか、子供をおいて夫婦で行ってしまう、ばあちゃんが引き取りに来るから、それまで預かっといてね
ほか三篇、要約するのも複雑な込み入ったお話しが展開します

業界話し、好きなんですよ。
どんな業界でも、臭い立つような、地を這うようなお話は大好きです。

2008年9月 5日 (金)

ポジ・スパイラル

「ポジ・スパイラル」服部真澄 光文社
服部真澄は「龍の契り」「鷲の驕り」で出発して、スパイ小説でジャンルを確立したと思っていました。
違った、「海国記」平清盛のお話し、「最勝王」空海のお話し、「エクサバイト」2025年の頃のこと、記憶媒体を体内に埋め込んで、それから始まるゴタゴタのお話し
取材対象は作品が変わればまったく大違いの世界です。

ネガ・スパイラル、というのがありますね、螺旋状にどんどん落ち込んで行く、悪化していく状態
ポジ・スパイラルとはその反対です。ものみなすべてええ方向へ進んで行くこと。
提言を小説のかたちで示しております。
日本の海岸には自然の海岸はすごく減っています。
埋め立てて護岸で区切って海洋と断ち切っています。
港湾を集約して集中しよう。余った護岸は壊して遠浅の砂浜に回復しよう。
有明海諫早湾の水門で閉ざされた水域、当然ここもお話の展開に出てきます。
浅い海、汽水域で菱の実を栽培すること
ホンダワラなどの海藻を栽培すること
これらでバイオ燃料を作り出します。

とまぁこんな内容を詰め込んだお話し
なんだかカッタルそう、面白くないんじゃない?
いいえ、なかなか面白い、小説宝石に連載の作品なんだそうです。

2008年9月 3日 (水)

土師ダム(八千代湖)

自転車のページですが、新規のアップです。
灰塚ダムに続いて、土師ダム(八千代湖)に行って来ました。
ダムは必ず周回道路になっているので、都合がええということもあります。
GoogleマップでGPSの表現をお稽古していましたが
やっと、教科書・お手本に沿った表現に到達しました。

http://sherpaland.net/bike/2008/bike-080903-haji/bike-080903-haji.htm

地元のファンが定着してうれしい

----------------
219.162.188.xxx OCN
________________オープンコンピュータネットワーク
220.111.187.xxx OCN
________________オープンコンピュータネットワーク
121.58.177.xx __MCV-USER
_________________株式会社三次ケーブルビジョン
202.95.170.xxx _HICAT
________________Hiroshima Cable Television Corp
202.86.124.xx __MCV-USER
________________株式会社三次ケーブルビジョン
----------------
これはトップページを訪問してくださるホスト名情報です。

1番目2番目は訪問頻度が多すぎるので、これは検索のサイトでしょう。
さっとサーチライトを浴びせるだけで、1秒2秒で去っていきます。
ただのロボット検索で、ピンポンダッシュと似たようなもんです。

3番目はわたし、毎日1回アクセスカウンターを確認しているので、ランキング入りするのは当然です。

4番目は以前から訪問してくださるお馴染みのかた

問題は5番目
一週間前から顔出しして、順調に順番を上げていただいてます。
地元の来訪者で、OCNとかソフトバンクなどの大手からのひともいるでしょうが、全体に埋もれて、地元かどうかは分別できません。
さいわい、株式会社三次ケーブルビジョンからの来訪ということは紛れも無く地元のかたです。
期待に背かないように新しいネタを繰り出しますので、続けて訪問してくださいね。
新しいネタだけじゃなく、古いネタも掘り出して読んでいただくとうれしいです。

2008年9月 1日 (月)

毛無山シリーズ、毛無山(けなしがせん)2

岡山県と鳥取県の県境の毛無山(けなしがせん)に行って来ました。
その日はちょうど、村のイベントと重なって山は大賑わいでした。

今回のぶんから、Google マップを利用してGPSの軌跡を描いています。
カシミールの軌跡と別の味わいがあります。

http://sherpaland.net/report/kenashigasen2.htm

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31