無料ブログはココログ

« 県境、広島、島根、鳥取、岡山、ひとまわり(自転車) | トップページ | ページカウンターが上がり過ぎる »

2008年9月19日 (金)

ハナシにならん!

「ハナシにならん!」田中啓文 集英社
笑酔亭梅寿謎解噺2とサブタイトルにあります。
最初の「笑酔亭梅寿謎解噺」が受けたので、続編が出たのだと思います。
----------
笑酔亭梅駆(ばいく)こと星祭竜二は、両親が早逝して、天涯孤独の身のうえである。
高校を中退して、暴走族に入ったり、ロックバンドを組んだりしてふらふらしているところを
かっての担任であり、元噺家の笑酔亭梅林狩(ばいりんがる)こと古屋吉太郎によってむりやり梅寿の内弟子にさせられてから、まだ一年しかたっていない。
----------
お話しの設定はこんなところです。
第一作では、謎があって、それを解き明かす、これが流れでしたが
第二作では、謎解きは重視していません。
ハナシになるか、ならないか
梅寿一門が松茸芸能から締め出されてしまいます。
行き違いで、梅駆も師匠から破門されてしまいます。
梅駆にはスポンサーが付いて、独演会を開くところまで漕ぎ付けました。
ハナシになったんですね。
破門が解けて、再度、入門、シリーズが終わることなく、続編へと続く予感で巻末となります。

« 県境、広島、島根、鳥取、岡山、ひとまわり(自転車) | トップページ | ページカウンターが上がり過ぎる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県境、広島、島根、鳥取、岡山、ひとまわり(自転車) | トップページ | ページカウンターが上がり過ぎる »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31