無料ブログはココログ

« ページカウンターが上がり過ぎる | トップページ | サブPCにXPSP3を導入、成功 »

2008年9月20日 (土)

ハナシがはずむ!

「ハナシがはずむ!」田中啓文 集英社
笑酔亭梅寿謎解噺3 とうとうシリーズ3冊目までとなりました。
謎解きは1冊目だけなんですね。2冊目からは謎解きにこだわっているわけじゃありません。
竜二、笑酔亭梅駆(ばいく)はまだ笑酔亭梅寿の内弟子です。
内弟子なのに、上方落語の大看板、星の家柿鐘を襲名するお話しが舞い込んできます。
もちろん、すんなり話しが進むはずもありません。
大ドタバタが展開するのは当たり前です。
ちょっと、章立てを列挙しておきましょうか。
「動物園」「日和ちがい」「あくびの稽古」「蛸芝居」「浮かれの屑選り」「佐々木裁き」「はてなの茶碗」「くやみ」
どれもこれも、落語の題・筋です。
落語の内容にあわせて、それにちなんだドタバタが繰り広げられます。
ところで、一番弟子から順番に名前を挙げていきましょうか。
笑酔亭梅々、笑酔亭梅二郎、笑酔亭梅漫、笑酔亭梅菌愚、笑酔亭しん寿、笑酔亭羅々梅、笑酔亭寿亭夢、笑酔亭梅春、笑酔亭梅駆
ばいばい、ばいまん、ばいきんぐ、しんじゅ、ららばい、じゅていむ、ほんとはばいしゅんなのだがそれはあんまりだとうめはる、ばいく

« ページカウンターが上がり過ぎる | トップページ | サブPCにXPSP3を導入、成功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ページカウンターが上がり過ぎる | トップページ | サブPCにXPSP3を導入、成功 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30