無料ブログはココログ

« 忙しければ、雑誌が犠牲に | トップページ | 笑酔亭梅寿謎解噺 »

2008年9月15日 (月)

八月のマルクス

「八月のマルクス」新野剛志 講談社
新野剛志には「あぽやん」で始めて出会ったのですが
ゆるいお話しが本線かと思っていました。
違った、「あぽやん」のほうが突然変異のようなもんでした。
女子高生をレイプしたと報道されて、芸能界を引退して五年になります。
漫才をやっていましたが、不意に元のアイカタが訪問してきます。
癌に侵されて余命がそんなにないと伝えます。
翌日、警視庁の捜査員が来ます。
芸能ライターが殺されて、五年前のレイプ事件は誤報で、動機はある、アリバイ確認です。
元のアイカタに会っているのでアリバイはあります。

こんなところから始まって、お話しの筋が集中してきます。
マルクスとは資本論のマルクスじゃないのです。無声映画時代のコメディアン、マルクス兄弟のことです。
江戸川乱歩賞の受賞作です。
江戸川乱歩賞というと、本格ミステリー、怪奇ミステリーを想像していました。
違うね、ハードボイルドだ。
探偵役が動き回って、動くことで反応を引き出して、解決へ持っていく、そんなお話しです。
どろどろとしたものや、目を覆う描写はないので、さらさらすらすら読める上質のお話しです。

« 忙しければ、雑誌が犠牲に | トップページ | 笑酔亭梅寿謎解噺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忙しければ、雑誌が犠牲に | トップページ | 笑酔亭梅寿謎解噺 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31