無料ブログはココログ

« カメラの時計は正確に | トップページ | とこがためこう »

2008年10月 5日 (日)

血の冠

「血の冠」香納諒一 祥伝社
連続殺人事件があって、頭蓋骨を鋸で切り取られ、ぐるっと傷口の周囲に釘を差し込んだ状態で発見されます。
青森県警弘前中央署、東京から応援に来た警視正は会計課の係長を補助に指名した。
小学校の同級で、転校で別れたが、かたや、キャリア、肩や、ノンキャリア。
着実に捜査を追い込んでいく警察小説だろうと読み進んでいったが
なにやら読みづらい、最後になると、おどろおどろしい伝奇小説になって、とても感情移入できるお話しではない。
タイトルの「血の冠」、文字通り、血の冠の事件が起きるんだが、最初、読み起こすのがなにやら気が進まなかった。
現実離れしたお話だから、読むのはパスしたほうがええですよ。

« カメラの時計は正確に | トップページ | とこがためこう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラの時計は正確に | トップページ | とこがためこう »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31