無料ブログはココログ

« いのちのパレード | トップページ | 大黒目山、古道時々やぶ2 »

2008年11月22日 (土)

地上デジタルとアナログ

同じTV番組、大相撲なんかを例に取るとわかりやすいかな。
TVをふたつ聞いていて、衛星放送からの音声がずれている理由は納得できますよね。
山の峰からの電波と宇宙空間からの電波、それぞれが届く時間に時間差があるのは当然のことです。
我が家には、あっちの部屋とこっちの部屋に、地上デジタルのTVと地上アナログのTVが置いてあります。
どっちも相撲を流していて、ちょっと音声がずれて聞こえるのに気がつきました。
地上デジタルの放送はコンピューター処理をしているんですってね。
そのせいで、ちょっとタイミングがずれるんだそうです。
以前は、時報で時計が出ていましたが、今は時計で示すようなジャストタイムは出来ないんだそうです。

« いのちのパレード | トップページ | 大黒目山、古道時々やぶ2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いのちのパレード | トップページ | 大黒目山、古道時々やぶ2 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31