無料ブログはココログ

« 韓国に嫌われた私 | トップページ | 東広島、志和の生城山 »

2009年1月17日 (土)

駅神ふたたび

「駅神ふたたび」図子慧 早川書房
前に、駅神を読みましたが、評判がええのか、その続編です。
ヨンバンセンと呼ばれている老人がいます。
そのひとは駅の4番線ホームで易を立ててくれます。
料金は取りません、易で生計を立てているひとではないのです。
お話しは前と同様
ヨンバンセンに立ててもらった卦と易断を易占学院に持って帰り、四人のメンバーで解釈する
こんなお話しの運びです。
こんなお話しのどこが面白いのか
四人と易を立ててもらったひとの間には何の関係もありません
だから、切迫感がない、感情のもつれがない、どだい、ヨンバンセンさえ登場することがない
相続を誰に指名するか、家出の原因を除くにはどうすべきか、浮気しているかどうか
当事者が直に訴え始めると、そりゃもう、しっちゃかめっちゃかになります。
第三者が判断を下す、こんなスタイルがええのかおしれません。
当たるも八卦当たらぬも八卦
この場合、けと読みますよね。
卦(か)と易では読むのだそうです。

地火明夷〓上九。之卦 山火費〓
(〓とは仮に置いたもので、ほんとは、長短の積み木の六組の組み合わせ)

易や占に興味も関心もありませんが、ヨンバンセンのたったこれだけの易を、ああだこうだとそれぞれが解釈をほどこす
論戦が尽きたところで、ヨンバンセンの易断を開いて、四人の解釈と付き合わせる
こんな段取りです。

« 韓国に嫌われた私 | トップページ | 東広島、志和の生城山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国に嫌われた私 | トップページ | 東広島、志和の生城山 »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31