無料ブログはココログ

« 駅神 | トップページ | 国の略称、例えば、jp »

2009年1月10日 (土)

竹原火力、中電道の平家山、烏帽子形山

ネットで検索しても、登った、という記録がありません。
そんなに魅力のない山かなぁ。海岸に近い山はどこでも登って面白いのに。
竹原火力発電所があります、そこから送電線があちこちに伸びています。
送電線の保守管理の道があります、中電道、これを利用して登りました。
ばっちり、快適な道が続いていて、気持ちよく登れます。
なんでこの山がネット発信者の目に留まらなかったんだろ。

http://sherpaland.net/report/heikeym.htm

« 駅神 | トップページ | 国の略称、例えば、jp »

コメント

私は暇があれば、両山に登っています。頂上の展望が良くなかったので、手入れをして、展望を良くしました。中電道だけでは変化がないので、鳥帽子形山の正面登山道は廃道になっていたのを通れるようにしました。展望の素晴らしい登山道になっています。

吉川 和博さん

道の手入れをしてくださっているのですか。
ありがとうございます。
ひょっとしたら、平家山から自治体境界沿いに道があるかと期待していましたが
えらい密林で跳ね返されました。
自治体境界をはっきりさせるのに、切り開かれるのを期待しているところです。
平家山、烏帽子形山、なかなかメジャーになりませんねぇ。
もっと注目されてもええ山だと思うんですがねぇ。

 平家山と烏帽子形山間を縦走可能にしました。
烏帽子形山の正面登山道を利用すれば、同じ道を通らず一周出来ます。

吉川 和博さん
平家山で、こりゃぁだめだ、と密林であきらめました。
あのやぶを切り開くには相当手間がかかったでしょう。
お疲れさまでした。
ありがとうございます。

平家山東の尾根から忠海方面への道を整備しました。東平家山からは、瀬戸内海は勿論、黒瀧山、白瀧山、忠海方面の展望が素晴らしいです。
この道は、忠海方面だけでなく、途中から中電管理道を利用して、福田へも帰れます。

吉川 和博さん
なんとなくコースが浮かんできます。
平家山から市境に沿って進むのでしょうね。
歓喜山までは行かずに、中電道を利用して火力発電所まで帰る、こんなコースなんでしょうね。
カシの木などが密生していて伐採が大変でしょう。
別のところですが、ミカンの木が野生化して、一歩も入ることも叶わない密林を見たことがあります。

県道59号の観音の滝から、東平家山へ登る道を整備しました。今まで、東平家山へは、どかから登っても1時間10分以上かかっていたのが、約50分で登れます。また、観音の滝上部の数本の尾根には、山桃の大樹が多くあり、まだ寸法は測っていませんが、胴回り3m位のものも有るようです。

県道59号線というと、忠海から北上する道路ですね。
観音の滝とは始めて知りました。
巨大な山桃の樹があるあるとは心躍りますね。

観音の滝は私も最近知りました。忠海からすこし本郷方面に行った峠の手前から少し、入ったところです。県道には、案内標識がなかったので、小泉の農作業の人に聞きました。滝は30mの高さがあるのですが、水量は少ないです。先日、かなり雨が降った時は、見ごたえがありました。
山桃の木は大変多く有りますが、3m級のものは
3本位2m級のものは7本位見かけました。まだ密林で通行不能のところもありますので、まだ、たくさん、あるかもしれません。

最近、平家の滝(関屋川にかかる山上の大滝)への登山道を整備しました。今までは、中電道の276mピーク地点からしか見えなかった滝ですが、整備した道の240m地点からはほぼ正面に臨めます。標高約280mから200m地点まで落下し、長さ150m以上有ります。雨の少ない時期でも水が涸れることがないまさに幻の大滝です。

しぇるぱさん、吉川さん、はじめまして。
平家山近隣の情報をありがとうございます!
数年前からこのあたりを歩いています。
しぇるぱさんのおかげで安心できました。
誰か整備してくださっていると感謝しておりましたが、吉川さんだったのですね(^^)
この場をお借りして御礼申し上げます。

ピーターさん
平家山、烏帽子形山はもっと脚光を浴びてもええ山ですね。
といっても、わたしも一度登っただけなんですが。
熱心に吉川さんが整備なさっている、おかげで歩きやすくなっているわけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駅神 | トップページ | 国の略称、例えば、jp »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31