無料ブログはココログ

« 土井徹先生の診療事件簿 | トップページ | Hack-Layという名前の店 »

2009年5月 9日 (土)

行間が詰まったページには

ネットサーフィンしていると、行間が詰まって、ギチギチになって、えらく読みづらいページがあるもんです。
行間を広げて読みましょう。

インターネットエクスプローラーの場合ですが
ツール→インターネットオプション→ユーザー補助
ここで、ユーザースタイルシート、この欄で、自分のスタイルシートでドキュメントの書式を設定する、ここをチェック

ただし、準備作業が必要です。
--------
body,table,tr,td,div{
line-height:200%;
}
-------
切り取り線の中をコピーして、メモ帳に保存します。
保存するとき、拡張子を*.txtから*.cssに変更します。
わたしは、line-height.cssと名前をつけて、Cドライブに保存しています。

1の作業の続きで、参照、C:\line-height.css これを呼び出して決定です。

これで、文字がぎっしりと詰まっていたページが空間が広がった読み易いページに変身します。
OKとクリックした瞬間に、行間がパッと広がります。
行間の倍率は200%程度がええとこでしょう。
300%にしてみましたが、広がりすぎて散漫になってしまいます。
テキストが写真と重なったり、テキストの最後が切られて出てこなかったり、弊害のほうが多いようです。
ただし
書き手のほうで、スタイルシートで規定していれば、そっちが優先します。
ブログの中にはスタイルシート設定のブログも多くて、どうにもならない場合もあります。
いっぺん、お試ししてみてください。

前にこんな記事をアップしてことがあります。
PCがコケテしまって、Cドライブをフォーマットして再インストールしました。
それに伴って、自分のスタイルシート規定も失ってしまいました。
再構築するのに、ああだったかな、こうだったかな、やっとコケル前の環境に復帰しました。
ということで、数年前の記事のリピートですが、お役に立つならば

« 土井徹先生の診療事件簿 | トップページ | Hack-Layという名前の店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土井徹先生の診療事件簿 | トップページ | Hack-Layという名前の店 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31