無料ブログはココログ

« 地色が邪魔をして読みにくいページには | トップページ | 1エン50セン »

2009年5月12日 (火)

ホルモー六景

「ホルモー六景」万城目学 角川書店
万城目学は「まきめまなぶ」と読むのだそうです。
歌謡曲の作曲家に万城目正がいて、「まんじょうめただし」
てっきり、万城目はまんじょうめと読むのだと刷り込まれていましたが、まきめとは、へぇぇ、そうなの。
万城目学にはじめて会ったのはテレビドラマ、鹿男あおによし、でした。
意外なところからお話を繰り出して、展開が思いも寄らず、上質のストーリーテラーだな、と感服したもんでした。
じつは、この作品、ホルモーではなく、ホルモンと読み違えて、焼肉か恋愛ものか、ホルモン関連のお話だろうと馬鹿にしていました。
違った。
ホルモーの意味はわからないが、鬼を駆使して、殲滅を挑み、団体戦で勝負を決する、そんなものでした。
京都大学青竜会、立命館大学白虎隊、京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス(旧名朱雀団)、ほかに、同志社大学黄竜陣、これは休眠中
京都の大学に限ったお話かいな、と思っていたら
卒業して、OB、社会人になって、同じように鬼を駆使する、青竜お茶の水、白虎一橋、を知る。
6編ありますが、それぞれに相互関連はないのです。独立したお話。
前の編でちらっと出たキャラクターがまたちらっと姿を見せるのは、ご愛嬌、サービスですかね。
この連作、終章に出し抜け感はありますね。
これでおしまい、といったカタルシスはない。もっともっと、と期待感を煽って置き去りにした感じはあります。
ま、それもしょうがないか、うそとまことの、うその部分を語っているんですからね
予定調和で落ち着こうにも、落ち着くべきところがないよね。
万城目学は稀代のストーリーテラーです、これからも万城目学に注目して、目を離さないようにします。

« 地色が邪魔をして読みにくいページには | トップページ | 1エン50セン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地色が邪魔をして読みにくいページには | トップページ | 1エン50セン »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30