無料ブログはココログ

« 面白くて最近よく訪問するブログ | トップページ | 街場の中国論 »

2009年9月26日 (土)

喫緊の課題

喫緊とは、緊急のとか、大急ぎを意味するお役所言葉、政治家用語なんですが
この用語、そんなに古いものじゃないと思います。
戦前の大本営発表にはその姿を見たことがないし、帝国議会でもそんな言葉はあったでしょうか。
戦後も、吉田茂時代にも聞かないし、池田内閣佐藤内閣あたりでもその姿は見なかったように思います。
20年前、30年前あたりから、耳になじみの無い言葉が聞こえてくるようになりました。
この言葉、いかにも急いでいるようなふりをしているが、実は、問題を先送りする偽装の言葉のように思えてなりません。

« 面白くて最近よく訪問するブログ | トップページ | 街場の中国論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白くて最近よく訪問するブログ | トップページ | 街場の中国論 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31