無料ブログはココログ

« 東広島、中電道を行く金明山2 | トップページ | ガンブラー対策自己点検 »

2010年1月31日 (日)

極北クレイマー

「極北クレイマー」海堂尊 朝日新聞出版
場所は極北市、夕張市がモデルと思われる設定です。
ほとんど潰れそうな市民病院に医局から飛ばされた医者のお話しです。
本筋は医療訴訟で、産婦人科で母子ともに亡くなった、避けられなかった限界か、ミスか、ここが問題となります。
ひどい病院で、厚生労働省から姫宮が派遣されます。
姫宮とは、海堂尊ワールドの主要な人物で、このひとが顔を出して活躍するお話しは期待が持てます。
本筋の医療訴訟は、なんの進展もなく、解決の糸口さえ出てきません。
医師スタッフの疲労、医療組織の硬直、医師の腕の問題もあります。
一方で、市民感情、治療してあたりまえ、死んで病院から出れば疑ってかかるのは普通のことです。
そこで医療訴訟が割れ目に現れます。
ギャグ、くすぐり、脱線、いろいろ手を尽くしていますが、読後感は悪い、希望がないお話だなぁ。
桜宮市の東城大学病院のお話しならスカッとするのだがなぁ。
バチスタ手術の舞台です。
桜宮市は大阪市、あるいはその周辺をイメージしていましたが
この「極北クレイマー」でちらっと書かれているところでは、富士山の麓、静岡県のようです。

« 東広島、中電道を行く金明山2 | トップページ | ガンブラー対策自己点検 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東広島、中電道を行く金明山2 | トップページ | ガンブラー対策自己点検 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31