無料ブログはココログ

« 小説伝記上杉鷹山 | トップページ | バインダー式の週刊誌 »

2010年2月18日 (木)

首相、内部留保の課税検討か

ニュースで恐ろしいことを伝えています。
首相、内部留保の課税検討か?
そもそも、内部留保は、決算時の利益処分で、その期その期の法人税を支払ったうえで内部留保しているものです。
過去から蓄積している内部留保にさらに課税しようとは、法の根幹をゆるがします。
たとえ、当期だけの内部留保に課税するとしても、無法です。企業の安全を損ないます。
将来のリスクに備えるのが内部留保です。将来のリスクに備えるのを否定するのでしょうか。
あるいは、減価償却費は内部留保だと断定して、減価償却費の損金算入を否定するのでしょうか。
法の精神の大幅な歪曲です。
とうてい、この政策は実現するとは思えません。

« 小説伝記上杉鷹山 | トップページ | バインダー式の週刊誌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小説伝記上杉鷹山 | トップページ | バインダー式の週刊誌 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31