無料ブログはココログ

« ヴァン・ショーをあなたに | トップページ | 懸念を示す »

2010年4月 8日 (木)

サクリファイス

「サクリファイス」近藤史恵 新潮社
いままで、近藤史恵の著作を読み進んできました。
「桜姫」「シェルター」「二人道成寺」「ヴァン・ショーをあなたに」
全部、「サクリファイス」を読むためのウォーミングアップでした。
いままで読んできた系統とは全然異質のものでした。
非常に真っ直ぐなお話しです。突然変異みたいに作品の流れからは違う産物です。
自転車小説として読んだのは、「自転車少年記」「ヒルクライマー」そして、これ
文体がとてもよく似ているのです。
お話しの運び、キャラクターの設定、これも似ているよなぁ。
作者を隠して読んだら、区別がつくでしょうか。
自転車チームには、エースがいて、アシストがいる。
競輪とは違いますよ。ロードレースのお話しです。
ふんふん、そのアシスト者のことを書いているのだろうな。
いえいえ、単にそれだけじゃない、自転車レーサーとして、エースもアシストの役目をすることもある、というお話しです。
エースと言うのは、傲岸不遜で傍若無人、王者は一人いて他は全部そのしもべ、そんな世界です。
そのエースがアシストをするとは、というお話しです。

« ヴァン・ショーをあなたに | トップページ | 懸念を示す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴァン・ショーをあなたに | トップページ | 懸念を示す »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31