無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

植物図鑑

「植物図鑑」有川浩 角川書店
「どうしたんですか」「行き倒れてます」「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」「咬みません。躾のできたよい子です」
ツボにはまって連れて帰り、行き倒れの青年を家政夫として使うことになる。
家政夫としてはすこぶる有能で、男と女として意識せずにはいられなくなる。
青年は、野の草の食べ方、料理の方法を良く知っている。
毎週末、野の草を狩りに出かけるのが楽しみになる。
むちゃくちゃ恋愛小説なんです。
わたしは恋愛小説は苦手なんだが、有川浩の語り口は好きだなぁ。
恋愛小説にはお決まりの、男が失踪する、姿を消す、そんなくだりも挟まっています。
姿を消すにはちゃんとした理由があるのです。
最後は、ハッピーエンド、悲劇で終わってはいけません、これでええのです。
にやにやしながらページをめくっていますが、たいていの男はわたしと同じ反応でしょう。
戦闘職の恋愛は真っ直ぐでええものですが、これも、真っ直ぐ、と言う点では同じかなぁ。

2010年5月30日 (日)

エデン

「エデン」近藤史恵 新潮社
前作「サクリファイス」では日本国内のレースが舞台でした。
主人公の白石誓(ちかう)通称チカは、今はフランスで自転車チームにいます。
自転車レースちゅうのがよく判らんのですよ。
エースがいてアシスト役がいるのは理解できます。
展開によっては他のチームにアシストすることがある。八百長との境界はどこにあるんでしょうね。
チカの属するチームからスポンサーが去ることになりました。
監督は、他のチームをアシストすることで、自分の保身を図ります。
チカは、監督の指図に反して、自分のチームのエースをアシストすることを選ぶ。
計算と潔さとの葛藤があって末の決定ですがね。
基本的にチカは潔く身を処する生き方なので、安心して読む進めることができます。
題名の「エデン」、文中でなんにも触れていない。
エデンとは何を意味するのだろう、エデンの園しか材料を持っておりません。
エデンの園とは、パラダイス、楽園を意味します。
自転車レースとエデンの園とはどういう関係になるんだろう。
自転車レースがパラダイスだとは思えないし、「エデン」に拘らずに読み進めればええのかもしれない。

2010年5月29日 (土)

福山市最北の山、京ノ上山

福山市最北の山は、馬乗山か、京ノ上山か。
馬乗山は京ノ上山よりわずかに北にあるのですが、平凡な山で取り立ててとりえがありません。
京ノ上山、尖峰で、展望は豊かなのだが、歩くと足腰にこたえるなぁ。
自動車を使うと、ほとんど頂上直下まで行ってしまう。
歩きなさい、歩きなさい。
廃屋、潰れ集落の風景を見ていると、いろんな考えが浮かんでくるでしょう。

http://sherpaland.net/report/kyonouye.htm

2010年5月26日 (水)

キケン

「キケン」有川浩 新潮社
キケンとは、成南電気工科大学機械制御研究部の略
もちろん、危険な人物が集まっているサークルでもある。
小説新潮に5ヶ月連載された中篇を単行本にしたものです。
5ヶ月なのに、6話あるぞ。どれかが書き下ろしなのだろうか。
一番メインなのが、学園祭でラーメンを売り出して、売り上げ137万、利益80万たたき出すお話し。
前編、後編、二話にわけて、エネルギーを放出しまくる、有川浩とはタダモノじゃありません。
小説新潮というメジャーなメディアでも、出発のヤングアダルト、ライトノベルの語り口はそのままです。
有川浩、あんたはえらい。

2010年5月23日 (日)

断絶

「断絶」堂場瞬一 中央公論新社
東北の某県で女が死んでいるのが発見される。猟銃の銃口をあごの下に入れて発射したものだ。
捜査するにあたって、捜査の指図はええ加減だし、捜査が進むと、別の事件へ担当変えを言いつけた。
上層部の動きが変で、事件を迷宮化して曖昧にさせようとしているのではないか。
不服な刑事は、病欠の届けを出して、ひそかに東京へ捜査に出かける。
一方
国会議員の重鎮は引退すべき老齢にさしかかっている。
政治家四代の家系、五代目として長男を後継者にしようと工作する。
反対陣営の動きも急で、難しい時期にさしかかっている。
無関係なはずのこのふたつの流れが交錯しながら語られていく。
そうです、ふたつの流れは無縁ではなかった。誰が女を殺したのか。
と、まぁ、そのようなお話です。
堂場瞬一はスポーツものの語り手だと思い込んでいました。
10TEN、ラグビーで熱い戦いのお話しを読んだことがあります。
テンマンラグビー、ごりごりと10人だけで試合を運んでいくチームのお話しです。
堂場瞬一の作品をあたってみると、スポーツもの、警察もの、どっちかというと警察もののほうが多い。
へぇぇ、そうなのか、堂場瞬一の刑事ものにも網を張ることにします。

2010年5月22日 (土)

天神嶽山麓を一周(林道篇)2(自転車)

前回の天神嶽山麓、どこに運ばれるのか判らないまま進むコースで、意に添うものではありませんでした。
本来、このように進みたい、山麓の一番接近した道を進みたい、その思いを貫きました。
そこまで意地を張って、それがどうしたの。
うん、まぁ、ショートサーキットの小さな円を描いて、ひそかに満足しております。

http://sherpaland.net/bike/2010/bike-100521-tenjin_dk2/bike-100521-tenjin_dk2.htm

2010年5月19日 (水)

執行猶予つき死刑判決

中国では、死刑の判決の他に、執行猶予つき死刑判決もあるそうなのです。
執行猶予つき死刑判決とは、執行猶予期間はたいがい2年のようですが
2年間で受刑態度がよければ、無期懲役、あるいは、懲役20年に変更されるのだそうです。
先月、日本人が数人死刑を執行されましたが、判決後、数年経過してのことです。
4月に死刑が執行された受刑者はシャブを中国から持ち出そうとして捕まったものです。
主犯は死刑、共犯者は執行猶予つき死刑判決、ここのところを、意味不明で理解し損ねていました。
執行猶予つき死刑判決とは、2年間は死刑の執行はしない、即座の死刑執行はないよ、との温情判決かなと誤解していました。
そういうことではなかった。
最新の中国ニュースで、執行猶予つき死刑判決の記事をみました。
なんだ、なんだ、執行猶予つき死刑判決とはどういうことだい、とネットを辿って、ははぁ、そういうこと、とやっと納得しました。

2010年5月18日 (火)

天神嶽山麓を一周(自転車)

脊梁山脈の山の周囲を巡るのは骨が折れるが
里山の周囲を一周するのは簡単なことです。
簡単なことではありますが、図上演習で学習していても、自転車のスピードはあんがい速いもんです。
ついつい予定していたコースとは違うところを走っているのはよくあることです。
怪我の功名、というやつで、思いがけなく、芦田川の源流に出合いました。
福山が河口ですが、北から西へ西へと、意外なところで源流が発しているんだとわかりました。

http://sherpaland.net/bike/2010/bike-100517-tenjin_dk/bike-100517-tenjin_dk.htm

2010年5月17日 (月)

別冊図書館戦争II

「別冊図書館戦争II」有川浩 アスキーメディアワークス
ご存知、図書館戦争シリーズの別巻です。
図書特殊部隊の笠原郁がヒロインですが(正しくは、結婚して、堂上郁ですが)
笠原郁と寮が同室で親友に柴崎麻子がいます。
柴崎は笠原のような戦闘職ではなく、通常の図書館勤務です。
だいたい、図書館業務に銃器を携える防衛隊がいる、こんな設定を考えた作者にブラボーです。
その柴崎がストーカーを受ける、そのストーカーに裁きをつけたが
ネットの上での性的中傷を受ける。
これはストーカーとは別件です。
ネットからエスカレートして、誘拐して迫ろうとする。
これ以上は語らないことにします。
図書館戦争のシリーズでは、戦闘職の笠原が活躍しないと、お話しが進まないのは当然です。
それはそうではあるが、しょっちゅうちょろちょろ出ている割に柴崎のストーリーはなかったですねぇ。
この別冊では、思い切り出番が豊富です。
柴崎ファンなら、この別冊は見逃してはいけません。

2010年5月16日 (日)

日本全国津々浦々まで

日本全国津々浦々まで、というと
必ず横槍が入るもんです
おれんとこ山の中だけど、日本じゃないのかい
修正しましょう
日本全国津々浦々から山間僻地まで

津々浦々にも僻地はあるのだがな
津々浦々と山間僻地は対句にはなっていないのですよ

安芸高田八千代の城址、阿賀城山2

たいていの地図に阿賀城山は載っていないので知らないひとが多いでしょう。
国道54号線を通ると、登山道の案内があって、道から眺めて、ははぁ、あの山か、と判るようになっております。
国道と並行する山ですが、自然が濃くて気持ちのええ山です。
展望は54号線沿線に限られますが、それでも、ずぅっと上下視線を追えて、広い視野を得ることができます。

http://sherpaland.net/report/aga_srym2.htm

2010年5月14日 (金)

コロヨシ!!

「コロヨシ!!」三崎亜記 角川書店
三崎亜記というと、ずいぶんと突飛なお話しを紡ぎ出して、読み手がついてこようが置き去りにされようが関わりなくお話しを続けるように思います。
コロヨシ!!とは頃良し
掃除の競技を始める合図です。プレイヤーが自分で唱えて掃除が始まります。
どうも、ここは日本なのかが判らない。
前の戦争で負けて、別の歴史が流れているみたい。
話されているのは日本語だが、西域の民族がここにいるのかもしれない。
舞台で、ボール状のごみを空中に巻き上げて、手にした長物で操って、芸術点を争う競技らしい。
読んでいる途中で、これはテレビゲームだ。テレビゲームをノベライズしたものなのだ、そういうことなのだ。
自治区大会、州大会、全国大会と、進出していくわけです。
正当な掃除の競技もあるし、居留地の賭けの対象になる掃除もある、表の世界、裏の世界もあるわけです。
こりゃぁおもろい、いつもの三崎亜記ワールドと違って、別物が弾けております。

2010年5月13日 (木)

じょうとうく

そりゃ言い古された常套句じゃないか

ラジオから流れてくるフレーズをこう聞いてしまった

そりゃ言い古された城東区じゃないか

え、なんのこと?
瞬間、話の流れについていけず、置き去りになってしまって、立ち直るのに一拍、二拍

広島空港から竹原経由で周回(自転車篇)

広島空港の周辺を自転車で出没しております。
今回は、空港から竹原まで降りて、別コースで登ってくるルートを選びました。
竹原の町並み保存、なかなか立派なものです。
補修に金がかかって大変でしょうが、協力して昔の姿を維持しているのはたいしたもんです。
戻りは結構急な坂でした。
なんぼ急でもエイエイと漕いで登ったのだから、脚力がついたもんだと自分でも感心しております。

http://sherpaland.net/bike/2010/bike-100512-airp_takehara/bike-100512-airp_takehara.htm

2010年5月11日 (火)

物件、事件、案件、条件

みんな抽象物ですねぇ
いや、物件だけは具体的なモノだから抽象物の括りとは別物か
○件、ほかにはありませんかねぇ

廃墟建築士

「廃墟建築士」三崎亜記 集英社
四篇の中篇が収録されています。
「七階闘争」
七階に犯罪が多いというデータによって、建物の七階が撤去されることになりました。
多くのひとは補償をもらって引っ越しますが、中には市役所に抵抗して居座るひともいます。
そして、その結果
「廃墟建築士」
第一種廃墟、第二種廃墟、みなし廃墟、文明の象徴として世界的に認定されるようになってくる。
すると、廃墟を偽装する輩が出てくる。
「図書館」
本は夜中に空を飛ぶ。
図書館の本が飛ぶのを調教する職業が生まれてくる。
「蔵守」
蔵を守る。そんな仕事がある。
蔵守が年老いて、蔵守候補が派遣されてくる。
略奪者が近づく気配がする。いや、ほんとうに近づいてくる。

どれもこれもありそうもないお話しです。
「となり町戦争」が著者の出世作です。
ありもしないお話しですが、そこは三崎亜記ワールド、お話しに巻き込まれていくにまかせて楽しむことです。

2010年5月10日 (月)

ハング

「ハング」誉田哲也 徳間書店
ハングとは首吊りを意味します。
誉田哲也の本筋は、ガール・ミーツ・ガールとか、武士道シックスティーンなどがそうだと思っていましたが、違った、警察小説が本家本籍なんだそうです。
この本の始まりはゆるゆるとした出だしで、ははぁん、武士道シックスティーンの味で書き進めていくんだろうな。
違うぞ。
なんぼでも首吊り死体が出てくる。
あれよあれよのスプラッターで、いやぁ、恐れ入るぞ。
こんな大量の殺人を引き起こすには理由があるが
とってつけたような理由で、こういうのを「無理筋」といいます。
誉田哲也の警察小説にこの「ハング」から入ったが、この先、誉田哲也の警察小説をひいきにするか、そこは考え物ですねぇ。

マイクロソフトのペイント

画像ソフトのうち、おまけで付いてくるので便利に使っているものがあります。
ウィンドウズにくっついてくるペイント
以前は、アクセサリーの中にペイントはありました、すくなくともMeのころまでは
XPになってからは、アクセサリーに収録されてはいないようです。
どこに収録されているか?
ファイルのエクスプローラーでCドライブをペイントをキーワードに検索してください。
結果、ペイントのショートカットが見つかります。
ショートカットはあるのに、paint.exeは検索でみつからないのですよ。(ここが不思議)
そのショートカットをどこかに引き出して使用可能にします。
フォーマットすると、前の環境に回復させるのに、えらく手がかかります。

アクセサリーについての蛇足
ソリティアや、マインスイーパーなどのゲーム、昔々は楽しんでいましたが、今は、どうやら収録されていないようですね。
ま、あっても、いじることはありませんが。

2010年5月 9日 (日)

デスクトップでのメモ帳の記録は?

デスクトップにメモ帳を置いて、毎日の記録を重ねることはよくあることです。
事故があって、Cドライブをフォーマットすると、一緒に消えてしまう悲哀が何度もありました。
メモ帳の記録はDドライブに置いておくべきです。
そのショートカットをデスクトップに置いておくとよろしい。
デスクトップで書き加えたものはDドライブのメモ帳にはちゃんと反映されております。
また事故があって、ふたたびCドライブをフォーマットしたとしても
Dドライブの内容はちゃんと保存されております。
しまったなぁ、5年まえにこれに気がつくべきだったなぁ。

学歴、楽歴

東大を出ました、京大を出ました、これは学歴ですが
東京芸大を出てジュリアード音楽院を出ました
これは、学歴とは言わず、楽歴と言うほうが当っているような

パーカス

別の項目で、アコースティックギターを省略してアコギと呼ぶといいましたが
パーカッションを省略してパーカスというのだそうです。
業界の普通の呼び名だととはいえ、パーだのカスだの
えらい呼び方、呼ばれ方をしていますねぇ。

2010年5月 8日 (土)

エレキ、アコギ

エレキギターを省略して、エレキ
アコースティックギターを省略して、アコギ

なんぼ業界用語でも、アコギはあんまりでしょ
血も涙もないあこぎな取立て、を思い浮かべて
ポロポロポロンの音色が浮かんでこない

芸備、防長、雲石、因伯、そして?

中国地方の県は、旧国名を足して二で割った名前で登場することも多いです。
広島県=安芸+備後
山口県=周防+長門
島根県=出雲+石見
鳥取県=因幡+伯耆
岡山県=?
岡山県は備前+備中+美作
備作?備美?作備?美備?
どんな組み合わせでもしっくりしません。
そもそも、岡山県には旧国名で表現する習慣がないのかしら?

残りのディスク容量について

残りのディスク容量についての私的メモです。

VALUE-DOMAIN.COM
最大ディスク容量 3,000.00 MB
使用済ディスク容量 852.18 MB (28.40 %)

@homepage
ディスク使用可能総量 100MB
利用中ディスク容量 62MB(62.0%)

ココログ
利用可能なディスク総容量 2,000MB
利用中ディスク容量 23.648MB(1.18%)

唯一、苦しいのがNiftyでのcgi分析
いつか容量不足になるかもしれない。

サハラ

「サハラ」笹本稜平 徳間書店
太平洋の薔薇、グリズリー、極点飛行、素行調査官、未踏峰
読んだ本はこれだけだったかな。
南極だったり、ヒマラヤの某地だったり、ほとんど知られていない土地が舞台に出てきます。
著者も、行ったことはないだろうし、データを集め、想像で書いているのでしょうね。
舞台は西サハラ、モロッコ、アルジェリア、モーリタニアに囲まれた地域です。
スペインが領有を放棄して、モロッコが実効支配しています。
独立を目指すのがポルサリオ解放戦線
そのサハラ砂漠で飛行機が墜落して、助かったのはひとり、傭兵あがりの男です。
男はモロッコ秘密警察から自白剤を打たれて記憶喪失になっています。
ポルサリオ戦線に助けられ、自分の記憶を取り戻すため戦います。
モロッコ秘密警察、ロシア出身の武器商人、引退した傭兵仲間、同じ日本人の武器商人、ポルサリオ戦線、いっぱい出てくるけど、対立する陣営で分けるからわかりやすい。
サハラ、アルジェリア、地中海、パリ、ジュネーブ
その地の臭いが感じられる、著者は行ったことがあるのかしら、大した腕です。

2010年5月 7日 (金)

大斗と肘木

「参道の山、可部の福王寺山」で大斗と肘木のことに触れました。
なんのこっちゃ、と理解できなかったら具合が悪い。
「組み物の各部の名称」
http://www.sukima.com/words/kumimono/kumimono.htm
このページに図解してありますので、お勉強してください。

参道の山、可部の福王寺山

前々から可部の福王寺山には、登ろうとして延び延びになっていました。
さぁ、登るぞ、と決心して腰を上げました。
大部分が福王寺の参道を行くのですが、ええ山です。
福王寺には驚きました。
あんな山の中に巨大建築を建てたこと
大檀那を捕まえれば建築は可能です、それより何より、今なお、維持していること
参詣の道ですが、こつこつと補修を重ねなきゃなりません。
それは日本アルプスなどの登山道でも同じこと
車道が開通した今は重機もありますが、明治大正の時代までには、クワとモッコでこつこつやるのが当たり前の世界でした。
それを思うと、創建と維持とはそれぞれ大変なことなんです。

http://sherpaland.net/report/hukuoji_ym.htm

2010年5月 6日 (木)

ドラッグした語句が検索窓に入ること

再インストールしたら、環境が大きく変わってしまいました。
ドラッグ・アンド・コピー、ここでのドラッグとは
マウスで画面を引きずって語句を黒く浮かすことです。
その浮かした語句が検索窓にそのまま写し取られていること
前の状態がこれだったので、なんとかして取り戻すことに成功しました。
原因は
マイクロソフトの検索が<Bing>と言うんですってね。
検索ソフトがBing優先なので思い通りに行かなかったのです。
どんな方法でBingからGoogleに切り替えたのか、思い出せませんが
切り替えてからは、ドラッグした語句が検索窓に入ることが簡単に出来るようになりました。

2010年5月 5日 (水)

フォーマット地獄から生還

今朝のことですが
次のファイルが存在しないかまたは壊れているためWindowsを起動できませんでした。
\Windows\System32\Config\System
以下省略

どうしても起動できません。
いつもなら、F8でセイフモードにして起動できるのですが、それもダメ
結局、店に持ち込んで、F10が再起動のキーだと教えてもらいました。
F10、これはたぶんソニーの場合で、他のメーカーは知りませんよ。
F10とは、結局、Cドライブのフォーマット
なんとか使える体勢に持って行きました。
XPですが、買ってからだいぶ経過しています。
その間にWindowは相当アップデートしていますので、全部アップデートが追いつかないと、ウィルスソフトがインストールできません。
半日以上、ウィルスソフトが不備のまま、むきだしで曝していました。
検索してみました、ウィルスの問題はありませんでした。
とりあえず、通信環境を取り戻しました。
ほかのソフトはまだ手付かずです。
夜が明けたら、そっちに手をつけなければならないな。

まぁ、ええか、肥大したCドライブをクリーンアップした、と思えばええのだ。

2010年5月 2日 (日)

東広島の城跡、頭崎山2

東広島、高屋の頭崎山に登ってきました。
城跡の山で、なかなか面白い。
城跡に明治神宮を勧請しているのです。
ちょっと驚くよねぇ。
他のところで、明治神宮を分祀した例はありますかね。
突っ込みどころ満載で、なかなか面白い山でした。

http://sherpaland.net/report/kashirazaki2.htm

2010年5月 1日 (土)

会計探偵クラブ

「会計探偵クラブ」山田真哉 東洋経済新報社
サブタイトルに、大人も知らない税金事件簿
これは、TACNEWSに連載されたものが元になっています。
TACとは税理士、公務員受験などのビジネス学校です。
小説と税金講座が関連して並んでおります。
小説に興味を持つか、税金講座に興味を持つか、連載中の反応はどうだったんでしょうね。
「さおだけ屋はなぜつぶれないか?」
著者はこの本を書いて、この本がベストセラーになりました。
この本は簿記会計の本ですが、税金でエッセイを書くのは難しい、著者はそう嘆いております。
小説はあまり出来がええとは思えないので紹介は省きます。
税金講座は、そうですねぇ、知ってる読者には目新しくはないが、知らないひとには、へぇぇ、なるほど、なのかもしれません。
連載が9ヶ月も続いたんですからね。
けっこうウケもよかったんじゃないでしょうか。

政治家の使う用語、きっちり

政治家の使う用語で、勢いづけにためか、きっちりと、この言葉が耳に刺さります。
論理はぐずぐずなのに、きっちりと、と言われても空しいなぁ、亀井静香よ。
福島党首、きっちりを一番多用するのはこのひとでしょう。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31