無料ブログはココログ

« 難儀でござる | トップページ | バリカタ細麺なんだが »

2010年6月 8日 (火)

まねき通り十二景

「まねき通り十二景」山本一力 中央公論新社
普通、小説というのは、あっち側とこっち側の争いがあって、葛藤を追いかけていくもんです。
これは小説ではないね。エッセイだと思いましょう。
深川の通りの商店の日常を描いたものです。
対立などありはしません。うらみつらみとは無関係です。
対立があると、読み続けるのにドキドキして心臓に悪い。
善人ばかりが出るのだとわかっていると、安心して読み続けられます。
ヌルイお話しなんだね。
そう、ヌルさ加減に慣れてしまうと、心地が良くて抜け出せなくなる世界なんですよ。

« 難儀でござる | トップページ | バリカタ細麺なんだが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 難儀でござる | トップページ | バリカタ細麺なんだが »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31