無料ブログはココログ

« 福山の鞆の浦とグリーンライン(自転車篇) | トップページ | 百歳以上の高齢者が行方不明 »

2010年8月 4日 (水)

パンク修理にはマスキングテープを利用

パンク修理で空気漏れの穴の位置をみつける時の話しです。
いままでは、マジックインクでマークしていました。
黒いゴムに印をつけても、ほんとはよくわかりません。
マスキングテープで位置決めすることにしました。
仮の粘着でちょっと保てばええのです。
追伸
パンク修理を一番に考えるより、替えのチューブを持つほうが賢い。
ほんま、この意見のほうが正しい。
替えのチューブを買いました。
なんだ、替えのチューブとはあんなに安いものだったのか。
もっともっと高いものだと思っていました。

« 福山の鞆の浦とグリーンライン(自転車篇) | トップページ | 百歳以上の高齢者が行方不明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福山の鞆の浦とグリーンライン(自転車篇) | トップページ | 百歳以上の高齢者が行方不明 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31