無料ブログはココログ

« メインとサブのPCを交換 | トップページ | 旅芸人 »

2010年8月30日 (月)

裁判員

「裁判員」小杉健治 NHK出版
小杉健治は法律ものを得意にしているのですが
やはり、裁判員裁判の裁判員をテーマに書くのは当然でしょう。
死刑か無罪かの裁判、三日の審理で三日目には判決・量刑を決めねばなりません。
五対三、有罪で死刑と決まった。
無罪と考える裁判員は、無罪と考える根拠を世間に公表してはならない。
守秘義務違反で罪に問われるのだ。
死刑を宣告された被告は拘置所で自殺を図って意識不明になっている。
裁判員のひとりは駅から電車にとびこみ、ひとりは現場近くで殺される。
ここからが、裁判の続きで裁判員のひとりが真相に迫っていくわけです。
裁判員裁判のルーティン、あれやこれや、こういうものを知っておくのもええことですよね。

« メインとサブのPCを交換 | トップページ | 旅芸人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メインとサブのPCを交換 | トップページ | 旅芸人 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31