無料ブログはココログ

« 旅芸人 | トップページ | 赤とんぼを初めて見た日 »

2010年9月 1日 (水)

解凍ソフトに問題あり?

日経オンライン
LZHファイルの使用は危険!作者が使用中止を呼びかけ
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20100810/1026829/
事の発端は、LZH対応の有名フリーソフト「UNLHA32.DLL」の作者Micco氏の発言。自身の公式サイトで、LZH形式が抱える脆弱性を解決できないことから、ソフトの開発中止を宣言した。さらに「企業・団体ではLZH形式を利用しないように」と呼びかけた

というニュースなんですが、もっと調べてみると

それどころか圧縮解凍ソフトとして有名なソフトはそのソフト名からして「LZH形式」を前提にしているものが多数あり、窓の杜収録ソフトではLZH形式の圧縮とアーカイブを行う「LHA」の名前を冠したものが今も多くあります。「Lhasa」、「Explzh」、「Lhaplus」、「LhaForge」、「+Lhaca」がその一例です。

わたしも「Lhasa」を使っている。
どうなんだろう、気がかりです。

« 旅芸人 | トップページ | 赤とんぼを初めて見た日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅芸人 | トップページ | 赤とんぼを初めて見た日 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30