無料ブログはココログ

« 神之瀬峡を行く、高暮ダム(自転車篇) | トップページ | 毛利尼子、勝敗逆転、青光井山 »

2010年10月28日 (木)

夜の終焉

「夜の終焉」上下巻 堂場瞬一 中央公論新社
20年前のこと、地方ゼネコンの社長の横暴に耐えかねて、下請けの業者が社長夫婦と娘を殺ししてしまう。
加害者の息子は弁護士になり、被害者の息子は厚木でひっそりと喫茶店を営んでいる。
育った街は汐灘市、架空の街の名前で、灘浜市とか、汐宮市とか、小説ではこういう名前はよく出てくる。
汐灘の空気の中では、加害者・被害者ともども、暮らしてはいけない、20年間、汐灘に足を踏み入れることはない。
被害者の息子は、店の前で交通事故で意識が戻らない少女の身許を探して、汐灘を訪ねる。
加害者の息子は、殺人事件の弁護を依頼されて、汐灘を訪ねる。
汐灘では、二人は接触することはないが、お互いに意識しないわけにはいかない。
とうとう、二人が顔を合わせることになる。
顔をあわせてどうなる、どうする、これはここでは語れない。
無理に20年間、被害者の息子、加害者の息子として、押し殺していた、押しつぶしていた、タブーから解放される。

« 神之瀬峡を行く、高暮ダム(自転車篇) | トップページ | 毛利尼子、勝敗逆転、青光井山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神之瀬峡を行く、高暮ダム(自転車篇) | トップページ | 毛利尼子、勝敗逆転、青光井山 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31