無料ブログはココログ

« 砂漠の悪魔 | トップページ | アマゾンのデータ取りはスゴイ! »

2010年11月26日 (金)

逸脱

「逸脱」堂場瞬一 角川書店
逸脱とは、正規から逸れること、読み終わって、なるほど、題名は逸脱にしなきゃならん必然性があるよなぁ。
逮捕に失敗して犯人が幼児を殺してしまった。そのトラウマに苛まれて最高の刑事であろうとがんばっております。
キレ者の刑事と評判を取るが、衝突はあちこちで起きてしまいます。
連続殺人が起きて、犯人として、退職した刑事に目星をつけます。
犯人探しのストーリーじゃないから、ネタばれになるのは勘弁してね。
心象風景、行動様式、現役刑事と退職刑事はとてもよく似ているのです。
違うのは、元刑事は完全な一匹狼、現役刑事はサポートしてくれる上役がいて、気遣ってくれる同僚がいる、そこが違うのです。
主人公に感情移入して、一気に読み通してしまいました。これは褒め言葉。

« 砂漠の悪魔 | トップページ | アマゾンのデータ取りはスゴイ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 砂漠の悪魔 | トップページ | アマゾンのデータ取りはスゴイ! »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30