無料ブログはココログ

« 一畑薬師、正面の石段を自転車で | トップページ | フロッピーのソフトで困った »

2010年12月 6日 (月)

殺気!

「殺気!」雫井脩介 徳間書店
成人式前後の大学生、若者たちです。
ヒロインの小学校6年のころ、誘拐監禁されたことが事件の核心なんです。
20歳の若者ですが、小学校高校時代の友達なので、えらくゆったりした語り口です。
ヒロインは殺気を感じる特異体質で、ジャブのようなショートストリーで殺気を感じて対処していきます。
えらくのんびりとろとろしたお話しだなぁ、巻末になると、一挙に戦慄を感じて、読んでいて髪の付け根がピリピリしてきます。
なぜ、子供のころに誘拐監禁されたのか、理由が一挙に明らかになってきます。
最初の、のんびりとろとろとしたお話しの運びも、あれはあれで味があります。
一挙にサスペンスが高まるところがよろしい。
ゼッタイおすすめ、とはよぅ言わないが、読んでがっかり肩すかし、こんなことには決してなりません。

« 一畑薬師、正面の石段を自転車で | トップページ | フロッピーのソフトで困った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一畑薬師、正面の石段を自転車で | トップページ | フロッピーのソフトで困った »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30