無料ブログはココログ

« 世界でいちばん長い写真 | トップページ | 刑事のはらわた »

2010年12月22日 (水)

ころころろ

「ころころろ」畠中恵 新潮社
毎度おなじみ、妖(あやかし)のお話しです。
今回は、若だんなが目が見えなくなる。
目が見えなくなったのは生目神(いきめがみ)のしわざで、人間が生目神の玉を盗んだので、とばっちりで若だんなの目を持って行ったらしい。
鳴家(やなり)や屏風のぞきなどの妖(あやかし)が活躍し、それを越えて指揮をとっているのは、仁吉、佐助、ほんとは、白沢、犬神という大妖なんですよ。
「しゃばけ」から始まる7シリーズ、どれを読んでも同じ味具合で、寅さんシリーズを追ってるようなもんで、妖(あやかし)の世界にどっぷり浸っていれば、それでよろしい。
一冊一冊、読み分けようなど考えずに、ただもう読み流していればそれでええのです。
これはもう、妖(あやかし)ワールドを構築した、畠中恵に感服してやってちょうだい。

« 世界でいちばん長い写真 | トップページ | 刑事のはらわた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界でいちばん長い写真 | トップページ | 刑事のはらわた »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31