無料ブログはココログ

« 石川遼の帽子を買ったが | トップページ | 季節モノの取説 »

2011年2月20日 (日)

ほかげ橋夕景

「ほかげ橋夕景」山本一力 文芸春秋
毎度おなじみ、山本一力、短編集です。
いつもは深川界隈のお話しが多いのですが、この短編集のいくつかは駿河の清水港だったり、熊野の新宮だったり、土佐だったり、別の土地でのお話しが語られています。
あのねぇ、山本一力の世界では、味、雰囲気を味わえば、それでええと思わなきゃね。
起承転結がどう納まっているのか不審でも、人と人の繋がりがもひとつ伝わってこなくても、そこをつべこべ言ってはいけない。
長屋の味、職人の世界、商家の有り様、人と人との付き合い方を語っているのですよ。
お話しの筋が、どうだのこうだの、そのへんは読み飛ばしてしまいましょう。

« 石川遼の帽子を買ったが | トップページ | 季節モノの取説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川遼の帽子を買ったが | トップページ | 季節モノの取説 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31