無料ブログはココログ

« 地震の名前 | トップページ | 政府高官の作業服 »

2011年3月19日 (土)

7年めの井戸

深井戸を掘ってから7年になります

最初にトイレの水が出にくくなりました、自力解決
次に、風呂の水の出の量がどうも少ない、プロにお願いして解決、ストレーナーがどこにあるか見つからなかったから
洗濯機にホースを直結していますが、ちょろちょろ水になった、自力解決
洗面所の水も点検してみよう、自力解決
どれもストレーナーのごみ詰まりでした
ストレーナーとは、金網のこと、フィルターは膜だったりスポンジ状だったりですが、それとは違います

井戸は100メートルほど深く掘ってあります
砂を吸い上げるため、植物のかけらが金網に目詰まりするため、これが原因でした
7年も掃除していないから、そりゃぁ、ごみも溜まるよね

100メートル下の地下といえば、数万年も、数百万年も昔の地層のはずです
植物の堆積が、化石化していないこと、腐敗分解していないことに驚きます
水に浸かったままだから、姿かたちを留めているのかしら
奈良時代の木簡が地下水に浸って残っていると今も読み取れるのと同じなんでしょうね
ストレーナーを洗っていると、これは羊歯の葉っぱだな、これは水苔状態で正体不明だな、いろいろです

町の水道の水ではみかけないことですが、井戸を使っていれば、こんなことはよくあることです

« 地震の名前 | トップページ | 政府高官の作業服 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震の名前 | トップページ | 政府高官の作業服 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31