無料ブログはココログ

« 5月に読んだ本 | トップページ | 古道具屋皆塵堂 »

2011年6月 9日 (木)

囲碁小町嫁入り七番勝負

「囲碁小町嫁入り七番勝負」犬飼六岐 講談社
薬種問屋の娘で、碁が強く、囲碁小町と呼ばれております。
御典医の隠居と碁を打って、容赦ない勝ち方をしました。
孫の嫁にきてほしい、囲碁の七番勝負をして、負ければ嫁に来てほしい。
御典医と薬種問屋、断れば角が立つ、勝てば嫁入りの話しは流れるのだ、受けて立とう。
中編小説が7本です。
対戦相手はどれも段位にして上位者です。そこを互先、平手で打つのが条件です。
3勝3敗、最後の章で勝負が決まります。勝ったか負けたかは語らないでおきます。
囲碁の打ち方を知らないでも読めますが、そりゃぁ、知っていればより深くお話しが納得できます。
幸い、棋譜が出るほど専門的ではありません。
麻雀小説というジャンルがあります。
そこでは配牌の絵がないとお話しが進まない、言葉で語ったのではお話しにならないのです。
そういうものじゃないから、まだ理解しやすいです。

広島ブログ

読書メーター

« 5月に読んだ本 | トップページ | 古道具屋皆塵堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月に読んだ本 | トップページ | 古道具屋皆塵堂 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31