無料ブログはココログ

« 囲碁小町嫁入り七番勝負 | トップページ | ビタミンカラー »

2011年6月11日 (土)

古道具屋皆塵堂

「古道具屋皆塵堂」輪渡颯介 講談社
古道具屋で修行を積むお話しです。
主人公、古道具屋の長男は幽霊が見えるのです。
次男が稼業を継いでいたが、亡くなったので、戻されてきました。
ただし、他人の古道具屋で修行を積んでこい。
その修業先が皆塵堂、小店で売るものは汚いものばかりで、こんなところで修行になるのか。
曰くのある店で、幽霊が見えてきます。
「道具屋には向かない男」「鰻の住み処」「鈍刀が切る縁」「その娘はやめておけ」「猫屋敷に棲むもの」
幽霊はなしで、気味が悪いのは「鰻の住み処」夜なかに読んだのでぞっとしますね。
怪談ものとは知らずに手にしました。
怖いお話しだけではないのですよ、江戸の長屋の人情はなしもあって、心がほっこりするお話しなんです。
最後の「猫屋敷に棲むもの」この篇で、主人公がなぜ幽霊が見えるようになったのか、その秘密が明らかになります。

広島ブログ

読書メーター

« 囲碁小町嫁入り七番勝負 | トップページ | ビタミンカラー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 囲碁小町嫁入り七番勝負 | トップページ | ビタミンカラー »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31