無料ブログはココログ

« 無花果の実のなるころに | トップページ | HPを○○する »

2011年7月 4日 (月)

依頼人-湯川史郎の事件カルテ

「依頼人-湯川史郎の事件カルテ」結城五郎 角川春樹事務所
弁護士で病院の内科医を兼ねている、主人公はそういうキャラクターです。
短編集ですが、ひとつひとつが短すぎる。
一冊に八篇も詰まっています。
あまりに短いので、起承転結ではなく、起承結、どんでん返しなどなく、そのまま結末に向かって行きます。
編集者の角川春樹は売れると見込んで出版したのでしょうか。
これでは売れないよ。
弁護士で医者、ここのところをもっとふくらませて、両方のキャラが生きるように書き込んでほしいもんです。

読書メーター

広島ブログ>

« 無花果の実のなるころに | トップページ | HPを○○する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無花果の実のなるころに | トップページ | HPを○○する »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31