無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

ご愁傷さま

今夜、お通夜に行きましたが、お悔やみの言葉として、ご愁傷さまとは言えませんでした。
ご愁傷さまには、別の使い方があって
失敗をからかったり、あざけったり、そんな場面をよく見かけます。
ご愁傷さまは、言葉としては汚れてしまっているのです。
別の言葉で弔意をあらわしました。
ご愁傷さまが使えないのは実に不便です。

広島ブログ

2011年7月27日 (水)

今日はやっぱり雨だった

天気予報では、夕方から雨となっている
どうしようかな、山に行こうか、自転車にしようか
グズグズ考えているうち、雨が降り始めた
今日はどこにも行かないのが決定してしまった
グズグズしていたのが怪我の功名
早めに決めて出かけていたら、雨のなかを行くところだった
夕立の雨ではないね、シトシトと降る雨で止むのか止まないのか判然としない雨だよ

広島ブログ

言葉の短縮によるイメージの取り違え

<【台湾ブログ】日本へワーホリ、過剰な期待は持たないように!>
これは、中国のブログへのポータルサイトに掲載されていた一項目です。
<ワーホリ>ここでの意味は<ワーキングホリデイ>を指しています。
-------
Wikipedia によると、ワーキング・ホリデー (Working Holiday) とは、二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。
日本政府とワーキング・ホリデー査証(ビザ)に関する取極又は協定を結んでいるのは発効順にオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港の11か国である。
-------
わたしが<ワーホリ>と聞いて、真っ先に頭に浮かぶのは<ワーカホリック>働き過ぎ中毒です。
それぞれの環境が違うのに、言葉の短縮をしたので、意味するものが違うことになってしまったのです。
わたしには<ワーキングホリデイ>などには関心がないし
【台湾ブログ】のひとは、<ワーカホリック>など聞いたことがない、まっすぐ<ワーキングホリデイ>に注目しているためです。
むやみに言葉を縮めると、ひとによっては意味を取り違えることがある例です。

広島ブログ

2011年7月26日 (火)

もりもり食べる

ここでのもりもりの効果ですが
この一言で情景が浮かび上がります
オノマトペ=擬声語なんだそうです
擬声語、擬音語、擬態語、もろもろです
もりもりを使わずに情景を描写すると何行にもわたって述べなきゃならんでしょう
いや、あのね
ネット上で、もりもり食べる、とあった片言に、おう、ひとことで語りつくしておる、と心打たれました
ただ、それだけなんです

広島ブログ

2011年7月24日 (日)

天使の報酬

「天使の報酬」真保裕一 講談社
外交官黒田康作のシリーズです。
ブライトン製薬が話の展開の端々に出てくるので、テレビドラマの原作だろうと読み始めました。
違うがな、TVドラマとは別のお話しだ。
サンフランシスコ、女子留学生が財布を盗んだというかどで逮捕された。
釈放後、偽造パスポートを使って日本へ帰国していた。
この関連で、黒田に帰国命令が出る。
ボリビアのテロリストが関係しているんですよ。
退職した高級官僚や引退した政治家などが絡んできます。
研究センターから培養されている病原菌が盗まれます。
ジェットコースターのように、展開はあっちこっちへ転がって、落ち着いてストーリーを吟味しているゆとりなどはありません。
だしぬけに、サンフランシスコへ行くように命令されます。航空会社の飛行機ではなく、プライベートジェットで。
サンフランシスコで総ては収束します。
外交官黒田康作のシリーズとしては、「アマルフィ」「天使の報酬」「アンダルシア」
「天使の報酬」はTVドラマ「外交官黒田康作」の原作ということになっていますが、一部シチュエーションは重なってはいますが、別のストーリーでした。

読書メーター

広島ブログ

出雲の神名火山、仏経山

出雲神仏を巡拝するとき、出雲平野の南にそびえる山が見えております。
神名火山で、普通の表現では甘奈備山、かんなび山です。
尼子時代に仏経山と名前が変わったのだそうです。
短時間で登って降りられる山です。
背後から舗装路はありますが、正面から歩いて登るべき山です。

http://sherpaland.net/report/bukkyo_ym.htm

広島ブログ

クレジットカードのCM

テレビでよく見かけるのは、三井住友VISA、JCB、DC
他のカードは置いときますね、印象に残ってないから
どんどん新しいCMを制作するのがVISA、JCB
DCはいつまでも同じCMを流しています
カッパとタヌキがダンスしているCM、10年以上変わっていないと思います
さぁて、ここで問題を出します
同じCMを続ける意図はどこにあるのでしょう
○経費がかさむから
○このCMのままでじゅうぶん客が獲得できているから
○面倒だから
○前のCMが中井喜一で、当時のギャラの償却がまだ残っているから

広島ブログ

2011年7月22日 (金)

保険会社は見かけが大事

火災保険を掛けようと、当地の某損保会社の支店をたずねました。
机は古くて、寸法が不ぞろい、貧乏な感じがまるだしなんです。
これははっきり言わなくちゃならないね、ここの支店は儲かってないの?経費節減が行き過ぎて、みじめにしか見えない、潰れそうな会社に見えるよ、こんな損保会社とは契約できない。
銀行、損保会社、証券会社、信用を売る会社は貧乏な感じが透けて見えてはいけない。
モノを売る会社はモノさえ輝いていれば売れます。
信用という目に見えないものを売るには、体裁も繕えないようでは、売れるわけがない。
あれから5年が経ちました。
今日、通りかかると、損保会社の支店は撤退していました。

広島ブログ

審議官という職位

ただいま、外務省の小説を読んでおります。
その中で、審議官という職位が出てきました。
わたしの常識とは違うところの位階のようです。
Wikipadia によると
次官級審議官、局長級審議官、局次長級審議官
たいていは、みっつめが多くて、局長と課長の中二階といわれているもののようです。
読んでいて面喰ったのは、やたら偉い審議官らしいのです。
うそだぁ、と読み飛ばしていましたが
Wikipadia の解説では、あるんですねぇ。
上下、こんなに膨らみを持った職名は珍しいね。
お役人は、この審議官にはお辞儀する角度はこれぐらい、ちゃんと解って接しているんでしょうね。

広島ブログ

2011年7月21日 (木)

神歌

「神歌」山下卓 徳間書店
コロンビアはコカインの産地で、コカインをめぐって、マフィアの戦いにとってかわって、政権派、反政権派の内戦にまで嵩じております。
地雷で足を失って、義足の少女がダンスカンパニーを編成して、政府派遣の公演が日本であります。
ここでネタバラシ、義足のなかにコカインが隠されています。某国大使館で少女たちはセックス接待に供されます。
主人公はフランス外人部隊上がりの傭兵、ぼちぼちオフィス勤務を勧告されております。
コロンビアから日本への飛行機のなかで少女のひとりと席が隣り合わせだったのが縁、少女救出に立ち上がります。
対立軸は裏神道、七生舞の会、日本でのコカインの窓口なのだ。
傭兵仲間で、気の合うやつが、正体不明、七生舞の会の所属するのか、脱退して反乱を起こすのか、そこんところは不明です。
警視庁公安の警部で高校の同級生がいたり、傭兵仲間の未亡人と思いがかなったり、脇役もたくさん出てきます。
カテゴリーとしては、ハードボイルドであり、国際謀略であるわけです。
馴染みのない世界に読者を引き込んで、あっちこっちと連れ回すところに作者の腕が要求されます。
冒頭で一発かまして、わけが解らないまま引き摺り回されるのも、読み手として、けっこう快感です。

読書メーター

広島ブログ

2011年7月19日 (火)

水道器具の掃除

水回り関係器具の清掃はなかなか難しいもんです
公共水道ではなく深井戸なので、砂や水あかで詰まることがよくあります
○トイレのストレーナーの掃除
パッキンの位置を間違えて、通水したら、大洪水を起こしてしまった、うわぁ、失敗、失敗
○シャワーの湯と水の混合栓
掃除したあと、ねじをはめ込んだが水がポタポタもれる
ホームセンターで相談したら、シールテープを巻きましたか、おぅ、そうか、問題はそこにあったのか

広島ブログ

「なでしこ」とはどんな花?

なでしこジャパン、おめでとう
しかし、「なでしこ」とはどんな花か知らんなぁ
一本咲きの丈の短い花なんだそうです
近隣種にカーネーションがあります、その姿から想像すればええ
「なでしこ」の英語名はダイアンサス
Dianthus Japan という名前が欧米のマスコミに舞ったのでしょうね

広島ブログ

2011年7月17日 (日)

食わず嫌い、負けず嫌い

食わず嫌いとは、食ってもいないのに嫌いなこと
負けず嫌いとは、負けるのが嫌いなこと

ん、それぞれの用法を入れ換えてみようか
×食わず嫌いとは、食うのが嫌いなこと
×負けず嫌いとは、負けてもいないのに嫌いなこと
これでは、意味が通じませんねぇ

食わず嫌いはそのままで内容が成り立ちますが
負けず嫌い、これはめちゃめちゃ変化球です
負け嫌い、これが本来の用法のはずです
食わず嫌いに影響されたのか、同じ言い方になってしまった、のではないでしょうか

広島ブログ

2011年7月16日 (土)

岡山県、児島半島、由加山を行く

囲炉裏の月例会に参加して、翌朝、岡山県の児島半島を一周しました。
もともと、予定では平地を大きく周回するつもりでした。
出発して間もなく、コースを間違えていることに気が付きました。
このまま行けば由加山に登ることになる。
由加山とは児島半島で一番高い山です。
ま、ええか、ヒルクライミングもそれはそれで面白い。
由加神社と蓮台寺は参拝したことがありますが、自動車で横づけしたわけです。
それなりの石段を登って参拝するのが本来の参拝というものでしょう。
あとは海岸に降りて、ゆるゆると自転車を漕いで行けばええのです。
今回、トンネルが多かった。産業道路のトンネルは気味が悪いね。
ちゃんとランプを効かせましたよ。
山と海、変化が多くて、なかなか面白かったです。

http://sherpaland.net/bike/2011/bike-110714-kojima_hanto/bike-110714-kojima_hanto.htm

広島ブログ

自転車の汚れ防止に腕貫き

自転車を車に積み込むとき、自転車をひっくり返して積み込みます。
そのとき、不用意にチェーンに触って油汚れの被害が起きてしまいます。
どうにも具合が悪いね。
農作業用に腕貫きを使っています。
これを自転車に転用しよう。
肘から手首までカバーできます。これで油汚れから解放できるぞ。

広島ブログ

2011年7月15日 (金)

cgiで連続失敗

cgiで手慣れていると安心していると、とんでもない失敗を連続してしまいました。
7月3日アップのぶん、属性変更、パーミッションの設定を手抜かりしてしまいました。
本日アップぶん、中間に枝ディレクトリがるのです。
ついうっかりで、枝ディレクトリを飛ばして、直に転送してしまいました。
いずれも
あれれ、cgiが動かない。ああでもない、こうでもない。
それぞれ、原因がわかってヤレヤレです。
手慣れたころにミスは起きる。
ほんまですねぇ。

広島ブログ

兵庫県、上郡町、白旗山

近畿の山に登ってきました。
囲炉裏の月例会があって、それは夜、昼間に登ってきました。
白旗山は白旗山城跡として有名です。
専守防衛の城で、小人数で防御する、ということでしたが、それにしては異様に広いよ。
山頂の広場に数千人の軍勢が収容できるぞ。
登山対象の山としてどうか、じゅうぶん堪能できます。
登山口と下山口を別にして、自転車で繋ぎました。
自転車のコースとしても面白い。
なかなかの山で、お勧めです。

http://sherpaland.net/report/shirahata_ym.htm

広島ブログ

ラバーズコンチェルトとドレミの歌

ラジオでラバーズコンチェルトの歌を聞いていました。
あれぇ、どこかで聞いたことのある歌だ。
ドォはドーナツのドォ、レェはレモンのレェ
YouTubeでふたつを聞き比べてみました。
聞き比べると別々の歌だが
サビの部分が同じなんですよ。
別の歌なんだが、似過ぎちゃってる歌ですねぇ。

広島ブログ

2011年7月14日 (木)

髪の毛、チョキチョキ、パッツン

髪の毛を切る音ですがね
伝統的にはチョキチョキです
「あわて床屋」の「春は早ようから川辺の芦に、蟹が店出し床屋でござる、チョッキン、チョッキン、チョッキンナー」
それが最近は、前髪パッツン
気がついたのはここ数年からですが、起源はここ十年前ごろからでしょうかね
ただねぇ、小刻みチョキチョキ、一気にパッツン、こんな風に使い分けているみたいですねぇ

広島ブログ

2011年7月12日 (火)

この配役ならスポンサーは

「絶対零度」テレビの新番組が始まりました。
上戸彩、北大路欣也、このメンバーなら、スポンサーはソフトバンクだろう。
え、違うぞ、DOCOMOなのかい。
そりゃまぁ、CMキャラクターとテレビドラマとは別物だがね
なんかやっちゃいけないことをしているような
そう思うほうがヘンなんでしょうかね。

広島ブログ

2011年7月11日 (月)

自転車ポンプ レザイン(LEZYNE)

ポータブルのポンプ、自転車ショップで買ったり、ホームセンターで買ったり、これっちゅうものがありませんねぇ。
「かめとのろのろ」という名前の自転車ブログで、
http://tyakka.blog53.fc2.com/
これが一押しとポンプを推薦していました。
LEZYNE(レザイン) PRESSURE DRIVE M BLACK 57-4304000502
価格: ¥ 4,200
すぐさま、アマゾンに発注しました。これが日曜日。
今日、月曜日、配達されました。早いねぇ。
ええと、効き目、評価、これなんですがね
もっと劇的に効き目が出るのだろうと期待していました。
やっぱり手押しポンプは手押しポンプだ、シコシコと押し続けるしか方法がないようです。
テストでは判定できませんね、パンクの現場で値打ちを出すか、どうか、その場まで判定待ちです。

広島ブログ

地区連合自治会のHPのメンテ

連合自治会のHPのメンテナンスを助けてほしい、とSOSがありました。
理事会で提案がありましたが、だぁれも応じるひとがいません。
それでは、わたしが乗り出すしかないだろう。
わたしがやります。
HPは、契約があるので、来年3月までは外注先がメンテを続行することになりました。
それでは、ブログのほうを手伝おう。
ブログはアメブロで運営しております。
アメブロでのやりかたは知らないなぁ。
わたしもアメブロの会員になって、ブログのアップや記事の編集について稽古しました。
さて、それでは指導、ここはこうして、こうしたほうが見栄えがするよ、テキストはこのように入れて。
ちゃんと事務局のちからでブログのアップができました。
スキルの伝授をするつもりですが、難なく、伝授は成功することでしょう。
どんなURL?
そこは内緒、地域住民が見るだけのものなんです。

広島ブログ

感染遊戯

「感染遊戯」誉田哲也 光文社
さわやか誉田と血まみれ誉田がありますが、これは、どっちでもない、まんなか誉田でした。
姫川玲子警部補のシリーズに脇役でちょいちょい登場する勝俣健作警部補、通称ガンテツですが、かれが主人公のお話しです。
今回、姫川玲子警部補は脇役にまわっています。
退職後の高級官僚が次々と殺される、大怪我を負わされる事件が続きます。
ネタバレ承知で進めて行きますが、Unmask your laughing neighbors というインターネットのホームページがあります。
ここに、退職官僚の個人情報が曝されている。生年月日、学歴、省内のポスト、居住地の遍歴、顔写真。
このサイトに、情報提供重要人物として指名されると、たちまち情報が集まって丸裸になる。
これ以上粗筋を語るのは止めにします。
最初の3篇は独立した短編集なんだなと思って読んでいきました。
最後の1篇は本の半分以上なので、長い中編なんだろうな、と思って読んでいきました。
最初の3篇は伏線でした。最後の篇で集中して全部が明らかになる、そういうものでした。
いつ、血まみれ誉田に展開するのかとビクビクしながら読み進めました。
着想、事件は血まみれですよ。描写は血まみれを避けている。
光文社の編集者も、血まみれの評判が悪いので、そこは誉田哲也に伝えたみたい。
そう、それが編集者の仕事です。正しい方向へ誘導しております。

読書メーター

広島ブログ

2011年7月 9日 (土)

トッカンVS勤労商工会

「トッカンVS勤労商工会」高殿円 早川書房
トッカンの鏡が訴えられた。滞納した税金を過剰に請求したので、滞納者が自殺した、原因を作ったのは税務署員個人だ、と指名して訴訟を起こされたのだ。
勤労商工会の弁護士・税理士が訴訟に介入してくる。
勤労商工会と書いてあるが、民主商工会、民商を思い出してくればよろしい。
トッカンが裁判に手を取られているうちに、自己破産しそうな会社が裁判所に申請しそうな気配がある。かろうじて食い止めて、滞納している税金を回収する。
これはトッカン付きのぐー子のお手柄。いつも、やりこめられて、ぐー、と声を出してしまうので、トッカンからぐー子とあだ名をつけられてしまった。
別の滞納者に差し押さえをかける、意外なところに隠し金庫があります。
ここは読んでね。ネタバラシはしませんよ。
そうそう、訴訟の件、反撃して無事治まりました。滞納の税金もぶじ回収できました。
なぜ訴訟に勝ったのかって?そこも読んでね。語ればネタバラシになるからね。
この「トッカン」のシリーズ、早川書房のミステリマガジンに連載中なんだそうです。
いずれ、「トッカン」3冊目が出るだろうね。ひいきにしよう。

読書メーター

広島ブログ

包丁は英語でナイフという

NHKのCOOLJAPANをみていたんですよ。
今日のテーマは台所用品。
漏れ聞こえる言葉がナイフなんですよ、包丁のことを。
ええー、かれら、ナイフで料理して、食卓でナイフとフォークで食べるのかい。
あのナイフとこのナイフ、どっちもナイフなのかい。
アバウトに大づかみするのがええのか、厳密に区別するのがええのか、これは文化だから、どっちがどうとは言えないけどねぇ。
正直に感想を言えば、あまりと言えばあんまりじゃないかい。

広島ブログ

大阪ベンブルース

ラジオで聞いた紹介
次の曲は、上田正樹、大阪ベンブルース、なんだとぉ
聞き違いだった
大阪ベイブルース→大阪弁ブルース
気が静まると、それでもええか、どっちでも通用するような

広島ブログ

2011年7月 8日 (金)

本日は終了しました

まだ朝なのに
本日は終了しました、という看板が出ています。
昨夜の看板なら問題はないんだがね
朝でもこの状態ということは、今日の営業は終わったのかね。
本日は終了しました、の看板の代わりに、準備中、の看板が出る場合があるが、まだこのほうが許せるかな。

広島ブログ

ヘリコプターがブンブン

近所をヘリコプターが低空飛行しています。
目的は
不法廃棄の摘発です。
地肌にブルで引っ掻き傷があると、そこは不法廃棄の現場になっていることが多いのです。
がんばれよぉ。

広島ブログ

2011年7月 7日 (木)

トッカン 特別国税徴収官

「トッカン 特別国税徴収官」高殿円 早川書房
現役の当時、経理でしたから税務署との縁はなんぼでもあります。
幸いなことに、期間利益を争う程度の傷で、翌期認容、当期と翌期を通算すると、、行って来い、税金の早払い程度の指摘でした。
それでも、税務署国税局から来るのは調査官、ここの主人公の徴収官とは接点がありませんでした。
ヒロインは特官付き、ヒーローは特官、滞納している税金を取り立てるのが仕事です。
抜き書きしますね。
そちらに拒否権はありません。徴収法第145条により、ただいまの時刻より滞納者、およびその第三者、同居の親族・代理人などの、この部屋からの、出入りを禁止します。
これは、いよいよ差し押さえを執行するとき読み上げる宣言書、ここからは、徴収票=差押えの紙をべたべた貼って行く段取りになります。
続けて、抜き書きします。
国税徴収法は、日本の法律で最高の強権であることを知っている人間は少ない。しかし、その実態は驚くものだ。なにせ、裁判所の令状などいらないのだから。問答無用でおしかけていって、金を強奪しても(もちろん、滞納者相手にである)なんの手出しもできない。滞納者を守る権利は、なにひとつない。滞納したら最後、彼らはわたしたちにただやりたいほうだいにもっていかれるのみなのだ。
恐ろしいお話しだね。
いえいえ、コメディーなんです。見開き2ページ、かならずどこかにくすぐりがあります。
そのくすぐりの的確なこと、税金を取るおはなしなのに、徴収官のほうに感情移入してしまいます。
がんばれよ、税金の滞納者にがつんとやってくれ。

読書メーター

広島ブログ

出雲大社から日御碕往復(自転車篇)

出雲神仏で出雲を駆け回っていましたが、日御碕神社で全部終わりました。
出雲大社から日御碕まで自転車で走りました。
単純な往復に終りました。
島根半島を山越えして北の海岸に出て、ふたたび出雲大社まで山越えする予定でした。
その県道を見上げると、ループ橋になっています。
やめじゃ、そんなにキツイ坂道は登る気がしない。
止めて、平凡な往復にしてよかったです。
天気予報の通り、雨が降り出しました。
早めに切り上げたので、雨にも遭わず無事帰れました。

http://sherpaland.net/bike/2011/bike-110706-hinomisaki/bike-110706-hinomisaki.htm

広島ブログ

出雲神仏、最終20番、日御碕神社

出雲大社から始まって、出雲神仏を全部巡りました。
信仰の情熱から、というのではなく
風土を味わいたい、というのが動機です。
経巡ってみて、出雲は、素盞嗚尊と大国主命の国だなぁ、と感じ入ります。
スサノオが外来神、オオクニヌシが内在神、今では両方とも土着の神さまですよねぇ。

http://sherpaland.net/izmo_shimbz/20/20-top.htm

広島ブログ

盛り土

数ヶ月前から気が付いていたのですが、今朝のニュースでもそう読んだ。
盛り土、この読み方は<もりつち><もりど>
わたしは当然のように<もりつち>だと思っています。
NHKニュースでは<もりど>と読んだ。
おそらく、国土交通省関連の土木の法令で規定しているのだろうなぁ。
<もりつち>の場合、訓読み+訓読みで普通なのに
<もりど>の場合、訓読み+音読みで、湯桶読みの特殊例になるんだがなぁ。

広島ブログ

○○するひと、はぁい

子どもに向って、○○するひと、と問いかければ
必ず、はぁい、と応答が帰ってきます。
条件反射というか、素直というか、まず、そっぽを向く子はいませんねぇ。
こんな風に手なずけるやりかたが定着したのはいつからでしょうかね。
ごく近年、そんなに古い昔ではないと思うよ。

広島ブログ

YouTube

YouTubeのTubeとは、筒だろうなぁ、だから何だっちゅうんだろ、そう思っていました。
今日、長年の疑問が解決しました。
筒→真空管→ブラウン管
テレビのモニターの意味でした。
ははぁ、パソコンのモニターという意味かいな。
なるほど、YouTube。

広島ブログ

2011年7月 6日 (水)

日本気象協会のくぼさん

天気予報のおねえさんで、くぼさんていらっしゃいます。
数年前から声を聞くことがありませんでしたが、今日、耳にしました。
朝、8時前、ラジオ中国で天気予報を聞きました。
10時前、山陰放送のラジオで天気予報を聞きました。日本気象協会中国支部から、と紹介されていました。
広島以外のひとには、くぼさんてだぁれ?
言葉は共通語・標準語ですよ。
口調、イントネーションは広島弁丸出しなんです。
あの言葉遣いで天気予報を聞くと、ほっこりして、なごんでしまいます。
広島のひとなら天気予報のくぼさんは知っているひとが大勢いるでしょう。
山陰放送でもやっているのなら、他県でも放送があるかもしれない、そんな気がします。

広島ブログ

七月六日はサラダ記念日

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

覚えていますか、一世を風靡したサラダ記念日です。
ふと思い出しました。
ちょうどよく七月六日に思いだすとは、あまりにもピッタリで、思いだした偶然に驚いています。
<万智の一人百首>
http://www.gtpweb.net/twr/sakuhin.htm

広島ブログ

2011年7月 5日 (火)

自転車のタイヤを交換

数年前に、前輪のタイヤは交換しています。
チューブ、タイヤ、破裂してのパンクでした。
今回は後輪のタイヤを換えました。
チューブがパンクして、修理して、タイヤに収めて、空気を入れると
タイヤから空気が漏れています。水をつけると泡が出ます。
チューブとタイヤの間で圧縮された空気が漏れ出たものだと思います。
タイヤに穴が開いているのは問題だな。
タイヤのパターンも擦り減ってツルツルになっていることでもあり
ここはもう、タイヤを交換することにしました。

広島ブログ

今日も森にいます。東京チェンソーズ

「今日も森にいます。東京チェンソーズ」青木亮輔+徳間書店取材班 徳間書店
サブタイトルに、若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント
東京都檜原村で、若者だけの林業会社を立ち上げて、経営するお話しです。
青木亮輔は東京農大農学部林学科卒、ただし、大学生活の大部分は探検部で送っていた。
林業なら若者の競争相手も少ないし、生きる世界はそこにある、と檜原村森林組合に入れてもらった。
半年間の臨時労務者、失業対策の事業での就職である。
体力をアピールし、さらに半年の延長雇用を得て、欠員が出たので、常勤の日雇い労務者に採用された。
待遇改善を要求しても、一部の労務者だけ優遇するわけにもいかない。
会社を作って独立したほうがええ、青木を代表にした林業事業体「東京チェンソーズ」を設立した。
ここからお話しは始まるのですが、ほぼ順調に成長していくお話しです。

読書メーター

広島ブログ

2011年7月 4日 (月)

HPを○○する

HPを公開する
HPを編集する
HPを主宰する
HPを○○する

ピッタリ当てはまる表現はどれなんでしょうね

publishing web page
英語表現ならこうなんですがね

そのまま翻訳すると
HPを発行する
そうかなぁ、ちょっと違うような気がするなぁ

広島ブログ

依頼人-湯川史郎の事件カルテ

「依頼人-湯川史郎の事件カルテ」結城五郎 角川春樹事務所
弁護士で病院の内科医を兼ねている、主人公はそういうキャラクターです。
短編集ですが、ひとつひとつが短すぎる。
一冊に八篇も詰まっています。
あまりに短いので、起承転結ではなく、起承結、どんでん返しなどなく、そのまま結末に向かって行きます。
編集者の角川春樹は売れると見込んで出版したのでしょうか。
これでは売れないよ。
弁護士で医者、ここのところをもっとふくらませて、両方のキャラが生きるように書き込んでほしいもんです。

読書メーター

広島ブログ>

2011年7月 3日 (日)

無花果の実のなるころに

「無花果の実のなるころに」西條奈加 東京創元社
西條奈加の作品は、時代小説が多いのですよ。
パラレルワールドで現代と過去とがイケイケで繋がっているのも含めてですがね。
これは現代版、うんと違って中学生が主人公です。
父と母は北海道へ転勤して、祖母とふたりで暮らしています。
暮らしている場所は神楽坂、そう、祖母はむかし芸者だったのです。
短編集で、六篇が連作で連なっております。
表題作の「無花果の実のなるころに」無花果はいちじくと読みます。
これは、なりすまし詐欺のおはなし、詐欺の手口は単純で、表題作にするほどのもんじゃないね。
犯人をかばって自分が犯人だと名乗るおはなし。
学園祭で絵が破られるおはなし。
なりすまし詐欺。
遺産相続のおはなし。
ともだちの出生の秘密。
イケメンであるがゆえの副作用のおはなし。
ある篇では中学生が、ある篇では祖母が、解決していくおはなしです。

読書メーター

広島ブログ>

困ったもんだよ、雪山賛歌

雪よ岩よ われ等が宿り
俺たちゃ 街には
住めないからに
(jasrac未承認)

いやぁ、街に住めますよ。ずっと山に住むのはしんどいですよ。

山岳会に一年間だけ在籍したことがります。
総会のシメの歌が「雪山賛歌」なんです。
これはアカン、センスが合わない。
会費は一年払いなので、一年経ったら退会しようと心に決めたもんです。

広島ブログ

中国のニュースポータルサイトでお勧めは

日本語版で中国のポータルを探るなら
■サーチナ、Searchina
トップページからではなく、ミドルメディアから入ったほうが有益です
■レコードチャイナ、レコチャイ、レコチャ、RecordChina
レコードチャイナオリジナルは利用しにくい
リライト版があります、そっちのほうが把握しやすい
レコードチャイナの記事一覧 - エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/source/Recordchina/

サーチナ、レコードチャイナ、URLは紹介しません
自分で検索して、入って下さい

ただし、これは前提条件ですが、中華民族の感情で、中国国家の利害得失で、ニュース編集してあります
安易に丸呑みしないように
一部分はピックアップしながら、大部分は読み捨てていく、という批判的な読み方が重要です
国民感情、民族感情を探るのが目的だと思ってください
市井雑談、コネタなどに、思いがけない拾いものがあります

広島ブログ

2011年7月 2日 (土)

偉大なるしゅららぼん

「偉大なるしゅららぼん」万城目学 集英社
しゅららぼんはしゅららぼん、シュランボンではないし、モランボンとはなんの関係もない。
琵琶湖のほとり、石走の街に日出一族の本拠がある。城跡のお屋敷なのだ。そこへ一族の優れた子は集められる。
石走高校に入学してみると、同じクラスに棗がいた。
日出一族と棗一族は、長年対立していたのだ。
もともとこの城の城主は速瀬、日出家が明治以後に城を買い取ったものなのだ。
現在、速瀬家の当主は石走高校の校長をしている。
その校長、速瀬が、三日以内に城から出て行け、日出一族は琵琶湖の土地から立ち退くように、と申し渡す。
日出家の当主は速瀬のちからで固まってしまった。
同じことが棗家でもあり、棗家の当主も固まってしまった。
さぁて、これからは、ということですが、ここからは粗筋は公開しません。
万城目学は、ストーリーテラーで、この先のお話しはどうなるの、読み手の先読みの裏を行って、ページをめくるたびに驚きです。
「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」「プリンセス・トヨトミ」どれも驚きビックリの作品で、気に入っております。

読書メーター

広島ブログ

2011年7月 1日 (金)

読書メーター、6月の分析

6月にわたしが読んだ本で
読書メーター会員のなかで、多数派、少数派の分析をしてみると
読者数が多いベスト3
1、下町ロケット--------611users
2、古道具屋 皆塵堂--------316users
3、書店員の恋--------250users
読者が少ないワースト3
-1、やさぐれ--------10users
-2、爆破屋--------18users
-3、お順 下 勝海舟の妹と五人の男--------26users

もちろん、新刊書は新しすぎるとまだ目につかない、上下の分冊なら下巻は上巻より少ない
ということを差し引いてもこんな状態でした。

読書メーター

広島ブログ

6月に読んだ本

6月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2952ページ

刑事さん、さようなら刑事さん、さようなら
警察小説に、正義の警察官と悪い警察官の二種類がありますよね。これは悪い方の警察小説です。刑事が自殺したのが一件、身元不明の殺人事件が一件。埼玉県警田舎町の警察です。なにが悪い警察官か、捜査しているうち、殺人事件の犯人は自殺した警官とわかってきます。ここは隠さなきゃ、署長、課長、ホンチョウも絡めて、なかったことに、伏せることにします。悪い警察小説でも、そのまま終わるわけじゃない。意外な反撃があって、警官は復讐されることになります。陰湿な警官たちと思うでしょ。悪い警官なんですが、おもわず、応援してしまうのです
読了日:06月30日 著者:樋口 有介

お順 下 勝海舟の妹と五人の男お順 下 勝海舟の妹と五人の男
幕末の京都は攘夷攘夷で、象山は幕名により開国を説きに京都に行く。攘夷浪士に襲撃されて象山は亡くなってしまう。そのとき、お順は母親の病気見舞いで江戸にいた。そのまま佐久間家に帰る時機を逸してしまう。官軍の江戸攻撃、勝海舟の斡旋で無血開城となるが、反乱軍が上野にたてこもる。そのとき、屋敷を守ってくれたのが、村上俊五郎、俊五郎に島田虎之助の面影を見てイチコロとなる。俊五郎の嫁のような、情婦のような、ちゅうぶらりんの状態が続いて行く。大酒のみで女にだらしない生活能力のない人間だった。最後は海舟が離縁状を付
読了日:06月28日 著者:諸田 玲子

お順 上 勝海舟の妹と五人の男お順 上 勝海舟の妹と五人の男
勝麟太郎には年の離れた妹がいる、名前が順。父が勝小吉、小普請組の御家人で、小普請組とは出仕する仕事がない状態です。そこで放蕩な暮らしで過ごしております。麟太郎が通っていたのは島田虎之助道場で、お順は島田虎之助に心を奪われてしまう。それは、お順、八歳、島田虎之助、三十歳のころのお話し。お順十六、島田虎之助四十のころ、ふたりの心は通うようになっている。虎之助は結核を患い、祝言を前にして、死んでしまう。佐久間象山が麟太郎の塾をたずね、佐久間家と勝家は知り合いになる。麟太郎のすすめで、お順は佐久間象山に嫁入りする
読了日:06月24日 著者:諸田 玲子

やさぐれやさぐれ
やくざの三下、使いっぱしり、まだ杯をもらっていない若者が主人公です。読み始めは、毎度おなじみのやくざ話し、ちょっと違うな、短編それぞれにゲストがいるのだ。ゲストにおかしみがあるのですよ。ゲストの毛色が変わっているから、お話しの色合いが様々で、そこがええところです。三下がいて、兄いがいて、セットでお話しが進んで行く。品川新町と品川北宿にそれぞれやくざの親分がいて、抗争を重ねている。老舗のやくざが北宿、新興のやくざが新町、三下は新町のやくざの世話になっている。やくざ立身出世物語だと思うでしょ、最終篇で堅気に戻
読了日:06月18日 著者:犬飼 六岐

蛻
尾張徳川家の江戸屋敷に町人の町があります。東海道の宿場町を模して、ざっと一町(110M)の長さで、70人の住人が住んでおります。無理に掻き集めた住人で、三年経てば、褒美の50両が貰える約束です。目的は、殿様の座興のため、将軍家や大名を接待するため。客が見物にさしかかると、立ち退きぃ、と声がかかって、全員家を空っぽにして隠れなきゃならない。蛻(もぬけ)の殻(から)、この状態から題名を思いついたのでしょうね。客は、店先や座敷を掻き回して、下々の暮らし様、商売の有り様を手に取って、バーチャル下々を堪能するわけで
読了日:06月17日 著者:犬飼 六岐

書店員の恋書店員の恋
書店員を題材にした小説なら、惨めな結末を迎えたり、不倫不幸になることは、ゼッタイにないとだろうと確信して手に取りました。書店員を弄ぶお話しなら、書店で邪険にされて、そもそも売ってもらえないだろう、そりゃそうですよね。書店員、不安定なコック志望の青年と恋しています。書店のセールスで、ケータイ小説の作家と知り合いました。さて、これからどうなるか、という展開ですが、これがテーマなんですね。ともだちは、結婚は愛よりも金、という立場、ヒロインは結婚は愛、という立場、結局、ともだちも愛のほうを選ぶのですね。で、どっち
読了日:06月12日 著者:梅田 みか

古道具屋 皆塵堂古道具屋 皆塵堂
古道具屋で修行を積むお話しです。主人公、古道具屋の長男は幽霊が見えるのです。次男が稼業を継いでいたが、亡くなったので、戻されてきました。ただし、他人の古道具屋で修行を積んでこい。その修業先が皆塵堂、小店で売るものは汚いものばかりで、こんなところで修行になるのか。曰くのある店で、幽霊が見えてきます。「道具屋には向かない男」「鰻の住み処」「鈍刀が切る縁」「その娘はやめておけ」「猫屋敷に棲むもの」幽霊はなしで、気味が悪いのは「鰻の住み処」夜なかに読んだのでぞっとしますね。怖いお話しだけではないのですよ
読了日:06月11日 著者:輪渡 颯介

囲碁小町 嫁入り七番勝負囲碁小町 嫁入り七番勝負
薬種問屋の娘で、碁が強く、囲碁小町と呼ばれております。御典医の隠居と碁を打って、容赦ない勝ち方をしました。孫の嫁にきてほしい、囲碁の七番勝負をして、負ければ嫁に来てほしい。御典医と薬種問屋、断れば角が立つ、勝てば嫁入りの話しは流れるのだ、受けて立とう。中編小説が7本です。対戦相手はどれも段位にして上位者です。そこを互先、平手で打つのが条件です。3勝3敗、最後の章で勝負が決まります。勝ったか負けたかは語らないでおきます。囲碁の打ち方を知らないでも読めますが、そりゃぁ、知っていればより深くお話しが納得できます
読了日:06月09日 著者:犬飼 六岐

下町ロケット下町ロケット
ビジネス小説には、悪いやつはとことん悪くて、気の毒で読み続けられなくなるものもたくさんあります。その点、これはどこまでも希望の持てるお話し、予定調和で大団円に向かって行きますが、予定調和でなにが悪い、こういうものを求めているのです。ロケット発射が失敗して、責任を負わされて、退職して、研究者から父の町工場へ転職します。あれから十何年、町工場は高い品質で知られる会社に育っています。いやぁ、面白い。上場企業がきりきり舞いする、銀行が高姿勢から一転卑屈になる、天下の帝国重工がロケットを飛ばせなくなる。爽快なお話し
読了日:06月08日 著者:池井戸 潤

爆破屋爆破屋
父親が死んで借金がしこたま残っていた。逃げ出して、アメリカへ渡った。ボブ爺と知り合った。ビルを爆破解体するプロだった。頼み込んで弟子入りした。一緒にアメリカのあちこちでビルを爆破してまわった。ほんのちょっとのスピード違反をした。無免許、速度違反、不法滞在、国外退去処分で日本へ追い返された。日本で爆破の腕を売り込んで、地上げしたビルを爆破解体する仕事にありついた。これ以上、お話しの筋書きをなぞるのは止めておきますね。おまけ、ダイナマイトは威力が強い順に「松」「桜」「榎」「梅」などの優雅なネーミングの等級に分
読了日:06月07日 著者:原 宏一

読書メーター

広島ブログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31