無料ブログはココログ

« 神歌 | トップページ | 保険会社は見かけが大事 »

2011年7月22日 (金)

審議官という職位

ただいま、外務省の小説を読んでおります。
その中で、審議官という職位が出てきました。
わたしの常識とは違うところの位階のようです。
Wikipadia によると
次官級審議官、局長級審議官、局次長級審議官
たいていは、みっつめが多くて、局長と課長の中二階といわれているもののようです。
読んでいて面喰ったのは、やたら偉い審議官らしいのです。
うそだぁ、と読み飛ばしていましたが
Wikipadia の解説では、あるんですねぇ。
上下、こんなに膨らみを持った職名は珍しいね。
お役人は、この審議官にはお辞儀する角度はこれぐらい、ちゃんと解って接しているんでしょうね。

広島ブログ

« 神歌 | トップページ | 保険会社は見かけが大事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神歌 | トップページ | 保険会社は見かけが大事 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30