無料ブログはココログ

« 武家屋敷を言い間違えて | トップページ | ウェディングベル »

2011年8月10日 (水)

四色の藍

「四色の藍」西條奈加 PHP
四色の藍と書いて、よしきのあいと読みます。
いつもの西條奈加ワールドじゃありません。普通の時代小説です。
藍染め屋の女房ですがね、亭主が殺された。
阿波徳島で、兄が殺された。仇を追って江戸へ妹が走ります。
四色の藍とは四人の女なんですよ。亭主の仇を求める女、兄の仇を求める女。
手助けするのが二人、亭主に二度も苦界に売られた女、洗濯女のばあさん。
この背景には、阿波藩江戸家老の賄賂まみれが絡んでいるのです。
お話しの展開ぶりは、書きおろし時代小説文庫の語り口と似たようなもんです。
いつもの西條奈加なら、どこへ話しを運んで行くの、と時代小説ファンタジーですが、そうではないよ。
山本一力さながらの、商家のありよう、市井の息遣いを味わう、ええ、味わってください。

読書メーター

広島ブログ

« 武家屋敷を言い間違えて | トップページ | ウェディングベル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武家屋敷を言い間違えて | トップページ | ウェディングベル »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31